青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

雪のニューヨーク

2009年03月3日

090303_01.jpg今日のニューヨークは雪景色である。
昨日で娘の留学関係の一連のイベントはひとまず一服した。
後はこの秋から10年生として入学するだけである。
昨日の親子3人の面談は、小学校受験以来であった。
娘が可愛いい。
まだ幼さを残した15歳である。
今回の米国受験で娘は明らかに成長した。
私立の小学校に入学してからストレートに歩んできたが、
どちらかといえば、流れに乗って中学卒業まで来たというところだ。
このまま大学院までストレートに歩める学生生活を捨てて、
米国の寄宿舎生活に入る。
090303_02.jpg多くの子どもたちが入りたくて目指している人気の私立高校の進学を
あっさり捨てて、米国に留学するという。
勇気があるというか、自主自立の人生を選択するところは私の血かもしれない。
親元から離れて自分の世界を広げていく。
ハイスクール卒業後、日本に戻るかそのまま米国の大学に進学するかは
未知数である。
思う存分生き抜いたら良い。
自分しか登れない人生という山を自分の足で登っていく。
私も必死に登って来たし、これからも登り続けていく。
気がついたら随分と登山パーティーも大きくなってきた。
会社もこの春で100名体制になってきた。
090303_03.jpgしかし、人数ではない。
何のために生きるのか?
何のために経営するのか?
個人ではできないことをする為に組織がある。
私自身も、”人生の意味と目的”をこれらも追求していく。
今後も娘には”自分の足で立ち、自立した人間として
責任ある人生”を生きてもらいたい。
私の人生は私に責任がある
私には価値がある
私は私らしく、ありのままの自分を受け入れ、自然体で生きていく
娘には言葉を多く使わずにこのことを伝えてきたつもりだ。
人は一人で生まれてきて、一人で死んでいく。
悔いない人生を全うしてもらいたい。
親に出来ることは限られている。
彼女の望む教育環境を与えてあげられることと、求められたら適切な助言を与えられる人間であること。
など限られたものでしかない。
いよいよ巣立つ時がきているようだ。
寂しさも半分、嬉しさも半分、これが父親としての本音の気持ちである。
今日は雪のニューヨークを親子で一日過ごせることを楽しみたいと思う。
明後日は東京である。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP