青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

道を究める

2010年03月12日

時代が変わっても、
スポーツ、武道、学業、芸術など、どの分野においても、
そのことに全エネルギーを集中した人がその道を究めている。
若い頃、私が働いていたブリタニカで、
”ブリタニカの天皇”と呼ばれた陣内友幸さんに伺ったお話を、
私は今でも忘れられないでいる。
陣内さんの奥様である、芸術家の陣内一土さんが、
陶芸家の加藤唐九郎先生に、
書を見てもらった際に、加藤先生は、
「ものにならんな。」
と、ひと言言って書を返されたそうだ。
一土さんも一日何時間も練習していたので、
「どこがよくないのか、お教えいただけますか。」
ともう一度聞いたところ、
「だから、ものにならんもんはものにならんと言っているのだ。」
と突き放されたそうだ。
改善のしようのないフィードバックに、
当然のことながら、一土さんは落ち込んでしまったそうだ。
そこで同席されていたご主人の陣内さんが、
「できたら、もう少し具体的に、
どういうところがよくないのか、ご助言頂けないでしょうか。」
と加藤先生に伺われたそうだ。
すると、加藤先生は、
「君は平安朝時代の女官の恋文を読んだことがあるか?」
と一土さんに聞かれた。
「見たことはもちろんございます。」
「君の書は所詮付け焼刃だ。
 平安朝時代にはペンなどはない。
 君はペンを使いながら書を書いているだろう。
 その程度でものになるもならないもないだろう。
 取り組みが根本からおかしいんだ。」
とおっしゃったそうだ。
そこで陣内一土さんはその日からペンをやめ、
すべて筆を使い、ペンの感覚を忘れることで、
書の道を拓かれたそうだ。
今は世界的な芸術家となられた陣内一土先生の若いころのお話だが、
ご主人である陣内友幸社長が社内研修の際に教えてくれた話である。
この話を私は聞き、
「私は早く社会に出たし、特に才能があるわけでもないけど、
 健全なこだわりと努力だけは誰にも負けないようにしよう
と思ったことを今でもよく覚えている。
成功に必要なものは、健全なこだわりと、本気と目的目標に対しての効果的な行動の選択だと私は考えている。
日々、”何にこだわるか”によって、人生の質が変わってくる。
今日も健全な目的目標へのこだわりを持って過ごしたいと思う。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP