青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

最善以下では甘んじないという心構えについて

2010年06月18日

私はよく行動が早いと言われるが、それは、目的目標が明確であり、
そこに判断基準を置いているため、即実行できると考えている。
多くの人と接してきて、頭の中で考えている時間が長く、
行動レベルで示すまでに時間がかかる、という人が多々見受けられる。
仕事とは、行動レベルで示すことだ。
研修の中で私がよく使う言葉に、
「曖昧な思考からは曖昧な結果しか生まれない」というものがある。
思考が行動を左右し、行動が現象を左右するのである。
では、明確な思考はどこからくるのか。
それには脳にどれだけ情報を入れるか、
経験、そして、どこを目指すかによって変わる。
先日、【アチーブメント全日本F3選手権】の開催時に
私は、F3とジュニアカテゴリーにある、
FCJ(フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン)の
ドライバーたちの勉強会を担当させていただいた。
そこで私が伝えたのは、FCJの時からF1を目指しているか
ということである。
FCJに乗れて喜んでいる人と、
F1のレベルを目指してFCJにいる人とでは全く違う。
『ここまで来れたからもう十分』と思った時点で
成長は止まってしまう。
私は若い頃、ブリタニカに所属していた際、
尊敬する上司から「時を越えたライバルになれ!」と言われ
火がついた。
それから仕事の長さで勝って、量で勝って、密度で勝つことを
意識してきた。
能力ではわからないが、
少なくとも仕事に対する姿勢では負けない、
そんな取り組みをしてきた。
その姿勢は会社を創業してからも
私の基本姿勢として変わったことはない。
そして23年間経過して今日がある。
出来る人と出来ない人の違いは、
”核となる仕事に対する責任感の違い”だと考えている。
核となる仕事に集中し、仲間の見本になる人間になることを意識すると、
必ず姿勢は変わり、その結果として成果も変わるだろう。
素晴らしい姿勢で仕事に取り組んでくれている、一人ひとりの社員に感謝感謝の毎日である。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP