青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

思考の中に現実がある

2013年10月25日

色々な経営者と交わり感じることはそれぞれの思考の中に現実があるということだ。
うまくいっている人にはうまくいく理由がある。

うまくいかない人にはうまくいかない理由がある。

経営とは人、モノ、金をうまく使い、利潤を生みだし、資本を増やすことであると松下電工の会長だった丹羽正治氏は定義していたが、人使いのうまい経営者は成功しているし、世の中に必要とされる有形無形の商品やサービスを提供している経営者も成功している。
そして金の使い方もうまい下手がある。

私は業種柄、必要以上に借金をする必要がないので無借金経営を目指し自己資本率70%経営を心掛けてきたが、借金の好きな経営者も沢山いる。

借り入れを起こすとその時は楽になるが必ず借りた金は返さなければならない。

最大の資金繰りは営業であり、それも納品したら必ずその月か翌月には支払っていただく。

出来たら前受金を事前に頂き納品月には回収するぐらいの考え方が求められる。

弊社は今年で27期目に入ったが100年企業を目指して健全な財務体質を堅持し続ける。
経営はとても面白くやりがいのある仕事である。

創意工夫が決算書に反映される。

人、モノ、金をうまく使える経営者であり続けたい。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP