青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

大切にすべき人を大切にする

2014年01月21日

長年トレーナーとして活動していると、たくさんのお客様に触れる機会がある。

最近、私がお客様から伺ったり、私が体験したことで気づきがあったのでシェアしたい。

先日、スタンダードコースにあるお客様がご参加くださった。
経営者として、事業は大きな成功を収められている方である。
その方から、このようなご報告をいただいた。

その方は、実は二十数年間も父親と口を聞いたことがなかったという。
しかし、講座の中で私が口にした、「どんな親でも、親は親なんです」という言葉に気づきを得て、実家に帰り、二十数年ぶりに話をし、これまでのことを謝ったそうだ。

その方の行動に、お父様は声を上げて泣かれたそうである。

そして、そのことを奥様にも話したところ、奥様も泣かれたという。

奥様も、自分の夫と、夫の父の確執の間で苦しんでいたのだ。

選択理論の提唱者であるグラッサー博士は、
大切にしたい人間関係、私たちが重要と思う人間関係がうまくいかないことに、
不幸の最大の要因があると述べている。

私たちが大切にしたい人間関係とは、ほとんどの場合、肉親や配偶者など、ごく身近な関係である。

この経営者の方が、自ら気づきを得て、勇気を出して、
本当に大切にすべき人間関係を回復に導かれたことに心から敬意を評したい。


実は私も、幼少期は、義理の母に厳しい訓練を受けた。
当時は大変辛かったが、義母の訓練が私の今の礎を作っているし、何よりも、育ててくれたからこそ今ここにいることができているのであり、今では感謝の気持ちを持つことができている。

先日電話をした時に聞いたのだが、義母は、私が最初に家出をした時に書き残した手紙を、ボロボロになった今でも持っているのだという。
私が15歳の時のことである。
義母も様々な葛藤と向き合いながら、
連れ子の私を愛してくれていたのだということを感じ、涙が溢れてきた。

私は「もっと親孝行するから、残りの人生を楽しく生きて欲しい」と伝えた。
義母も涙を流して喜んでくれた。

人生における本当の幸せに必要なことや、悔いのない人生に必要なこととは、このようなことではないかと私は思う。

もし身近な人間関係に葛藤を抱えている方がいらっしゃれば、ぜひ選択理論を学んでいただきたい。選択理論には本当に価値がある。
我々も力になりたいと願っているので、我々に力になれることがあればいつでもご連絡いただきたい。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP