青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

企業文化をつくる

2014年02月3日

企業文化とは何か。

創業から脈々と受け継がれる、企業の暗黙仮定のことである。暗黙仮定とは、明文化されていなくとも、各自が共通して持つ前提のことだ。
「アチーブメント社員ならば・・・すべきである(すべきでない)」
「アチーブメント社員としてふさわしい行動とは・・・である」
といった文章に自然とあてはまるものがそれである。
ただし、「理念とビジョンは金太郎飴、個人と個性は100%尊重」である。

企業文化は、企業としての慣習から生まれてくる。企業の慣習は、社員の行動習慣から生まれる。
例えば、誰もがきちんとあいさつをする習慣をもつ会社は、それが企業の慣習となり、企業文化として根付いていく。「○○社はあいさつをしっかりする」と自他ともに認める状態になる。
新入社員が入ったとしても、良い文化の定着した会社であれば、自然と影響されて、文化を自分の習慣として身に付けるという良いサイクルが回る。

アチーブメントで大切にしていることは、人を幸せにすることだ。アチーブメントに縁あるすべての人に、物心ともに幸せになって欲しいと願っている。
どんな規模になっても、部署、年齢に関係なく、同じ志を持つパートナーとして、最高の人間関係の中で仕事を進められる、そんな会社を作りたいと願っている。

先週は社員と触れ合う機会が多くあり、大変充実している。

経営者として、社員は何を求めているのか?社員にとって一番大切なものは何か?社員が本当に求めているものは?と常日頃考えているが、
直接触れ合って、生の情報を得ないことには、自分の思い込みで判断をしてしまうことになる。
良い会社をつくる上で、社員の声に耳を傾けることほど大事なことはない。

だから、私にとっては、社員と触れ合う機会は非常に重要なのである。
ひとつひとつは小さくとも、その積み重ねが文化をつくる。
文化とは一朝一夕にできるものではないし、努力しなければ失われてしまうこともある。

これからも、目標達成と最高の人間関係のどちらも手にできる職場づくりを追求していく。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP