青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

成果を生み出す頭の使い方

2014年02月5日

伝統ある大学には、建学の精神というものがある。
なぜその大学が創られ、どのような教育を目指すのかを示したものである。
多くの場合、教育理念よりも、当時の時代背景をもとにした大学の創設者の個人的な思いに近い。

創設者は、必ず、これからの日本はこうでなければならない、そのためにこのような教育を行っていきたい、その場所は私が作るのだ、という志や強い使命感のようなものを持っていたはずである。

そして、その志に打たれて、良い教師が集まり、良い学生が集まる。すると、その環境を求めてさらに良い人材が集まる良いサイクルがまわる。

こうしたことは、会社においても同じである。

組織の求心力の源は、創業の想いであり、理念である。

組織の中でコーポレートラダーを登っていく人材は、理念に最も共感し、理念の実現に対して最も貢献した人材であり、実現に向けて部下や後輩を最も適切に指導できる人材である。

具体的には、役割を全うするということがその基本である。
つまり、会社の理念・ビジョンの実現のためにそれぞれ役割が与えられているわけであるが、
その役割を全うするために何を最も重視しなければならないかを明確にしておかなければならない。

例えば、営業マンであれば、成果=マーケット☓セールス技能☓有効面会件数である。
有効面会件数が大事なのであって、これを「行動量」と読み違えてはならない。
行動量と捉えると、行動の軸がブレてしまう。有効面会件数にこだわることこそが成果の基本である。

理念・ビジョンを実現するために、自分の役割に照らして、行動に落としこむ必要があるわけだが、
成果が何によって作られるかを見定めることが、頭の使い方である。
この能力が欠けていると、なかなか成果が出ない。

情報がなければ判断できないから、何を重視すべきかわからなければ、
とにかく成果の出ている人に聞き、必要な分野の本をたくさん読み、情報をインプットしなければならない。

「努力よりも正しい選択」である。

皆さんの物心両面の幸福をお祈りしています。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP