青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

良いリーダーに必要な人間力

2017年11月15日

良いリーダーになるためには、人間力を身につけることが必要不可欠です。
メンバーや社内の人間に尊敬されない人間は大きな仕事はできません。
心からの信頼を得られないからです。

チームの長となった時に、メンバーに仕事を頼むときにも、
自分が手間だなと思ったことを指示した場合には、
“この人は自分が楽をしたいから頼んでいる”ということをメンバーは感じ取ります。
メンバーが能力不足で出来ない仕事を自らが率先して行っている姿勢が伝われば
メンバーとの信頼関係が生まれます。

メンバーが自分から、仕事をくださいと言ってくるような
内発的な動機づけを生む組織づくりをしていくことが大切です。
その組織を育てる責任がリーダーにはあります。

リーダーの中にも、内発的に動機づけられる人間と
立場から物を言う人間がいます。
立場でものを言う人は器が小さいと思われます。
そしてそのようなリーダーからは人が離れます。
人は利用されたいのではなく、活用されたいからです。

その人の持つ能力を最大限に引き出す関わりを学ぶ必要があります。
良好な人間関係を構築し、
仕事のパフォーマンスを最大化するにあたって、選択理論は非常に有効です。
選択理論をベースにしたリードマネジメントの概念を
もっと世に広めていきたいと思っています。

 

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP