青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

マネジャーの役割と昇格する人の特徴

2021年09月25日

先日、結果を出す人が共通して持つ考え方について書いた記事で、
真に頭の良い人は、勝つ前に勝つためのシナリオを考え、描いているということをお伝えしました。

では、会社に入社したての新人など、知識や経験が不足しており、まだ一人ではシナリオを考えられない人はどうすればよいのでしょうか?
もちろん、シナリオを描けるように本人が主体的に成長をすることは当然ですが、ここでマネジャーの出番です。

マネジャーは、メンバー1人で勝つシナリオを描けるように育成すると同時に、
まずは自らチームや部署の方針・重点目標・達成のシナリオを描いてメンバーに共有し、実行までしてもらう。
ポイントは、実行完結まで見届けることです。

我が社でも、マネジャーになる人間は、
自ら、頭で勝つシナリオを描くことができ、考えたことと実際の行動を一致させられる人間であり、
更には、自分だけではなく、組織の未来を描くことができ、実行管理までできる人間です。
重要なのは、部下やメンバーに何を言っているかではなく、何を実行させているかです。

部下はやるべきことをやるはずだという前提に立っているマネジャーと、
やらない可能性があるという前提に立っているマネジャーとでは得られる結果が違います。
性格の良いマネジャーが必ずしも優秀というわけではありません。

その究極が戦場です。
戦争では常に、やるべきことがなされないという最悪の事態まで考えて指示を出しているそうです。

チームスポーツもそうでしょう。
バスケでもサッカーでも、監督が描いた通りに選手がプレーをします。
しかし、特に相手がいるスポーツでは、予定通りに進むことはまずありません。
事前にあらゆる想定を描き切り、適宜、指示を出しながら選手に実行をしてもらう。
そこに監督、指導者としての手腕がでます。

メンバーに指示が伝わり、実行してもらえるのか。
皆さんの組織、チームではいかがですか?指示したことを実行してもらえていますか?
また、現場で起こっていることを適宜、報告・連絡・相談してもらえる関係性ですか?

重要なのは、ミスや問題が発生しているときに、いち早く報告してもらえる信頼関係が築けているかです。
ミスに対して責めたり批判したりしているマネジャーには、報告が上がりづらくなります。
結果的に、傷が大きくなってから発覚し、火消しに膨大な時間や労力が必要になるのです。

マネジャーには、メンバーの実行を厳格に管理する力強さと、
悪い報告も上げやすい空気感や関係性をつくり出す柔和さの両立が必要でしょう。


34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、43万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP