青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

縦軸の成長と横軸の貢献、その順番の重要性について

2021年11月6日

私は成功について話す時に「縦軸の成長、横軸の貢献、その右斜め上45度にサクセスがある」という話をします。
では、成長と貢献、どちらを先に伸ばす必要があるのでしょうか。
それは、横軸の貢献ではありません。縦軸の成長が先です。
一番は縦軸です。

そして縦軸で大切なことは価値の創造です。
会社で言えば、縦軸=価値のある商材・サービス・技術の創造。
この「価値を創造する」ということ、
この縦軸に対して、全社員が一心不乱に向かうわけです。
そして結果的に、横軸=お客様への貢献につながり、安定した売上に結実していくわけです。
これが究極の理と利の統合です。

まずは自分自身が成長し、できることを着実に増やしていく。
その上でその実績を周囲への貢献に広げていく。
組織であっても個人であっても、この順番を守ることが肝要です。

まずは自分自身の成長に焦点を当て、価値を創造するために能力の開発に全力を注ぐことです。

私は人生を5段階で設定をしました。
第1の段階:学習の段階(17歳~27歳)
第2の段階:リーダーシップの段階(28歳~35歳)
第3の段階:挑戦の段階(36歳~45歳)
第4の段階:富の形成の段階(46歳~60歳)
第5の段階:社会還元の段階(61歳~)

私自身、45歳までは縦軸を伸ばすことに焦点をあててきました。
自分が持っている分しか、人には与えられないのです。
特に20代、30代の方は、徹底的に縦軸を伸ばすことに注力をして欲しいと思います。
結果的に、多くの人に貢献できるようになり、自らも豊かになれるでしょう。


34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
CEO
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、44万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP