青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

朝の読書

2008年07月14日

080714.jpg今朝、グッドウィル・グループ・会長で元日本経団連理事の折口雅博氏の著書「プロ経営者の条件」を読んだ。
成功の研究は、表の研究と裏の面からの研究、すなわち成功と失敗は紙一重であるということから複眼的に研究していく必要がある。
折口氏は何故、わずか10年で1000億企業を創り上げることが出来たのか?
またグッドウィル・グループの最近の厳しい現実を引き起こした最大の原因は何か?研究に値するテーマである。
私は過去にもライブドアの堀江氏や、数多くの成功と凋落の狭間を経験した経営者の著書を研究してきたが、絶好調の時に書いている著書の内容は100%全て正しい。
その後何かが起きている。
急成長の結果、人材の育成が追いついていなかったとか、目先の利益を追求して社会問題を起こしてしまったとか、いろいろ後付で結論を付けることは誰にでもできる。
大切なことは、企業の規模ではなく、誰にでも失敗や失脚の可能性はあるという健全な恐れを持つことが大切だ。
原因を分析すれば、必ず答えはある。
偶然成功する企業がないのと同じで、偶然失脚したり失敗したりすることはない。
著書を読ませていただくと、成功のエッセンスがふんだんに盛り込まれている。
なるほど、だから成功したのだということがわかる。
では、何故?今の状況になったのだろう?
油断か?何が凋落の本質だろうか?
私は上場企業の株を数社、所有しているが企業の情報を得ることは株価予想に不可欠なものだ。
いろいろな経営者と付き合っていると、人それぞれの価値観があり、経営の手法も違う。
しかし、つくづく思うのは、世間で一流企業といわれている企業の経営者は間違いなく“人格者である”という事である。
食品飲料業界では、サントリーの鳥井信吾氏やキッコーマンの茂木賢三郎氏、キリンビバレッジの前社長の阿部洋己氏など皆さん素晴らしい人格者である。
お付き合いいただいていて、いつも人に対する配慮や気遣いには心打たれる。
ただ、折口氏も、2005年7月日本赤十字社対する貢献で紺綬褒章を受章しているので奉仕の精神はお持ちの方なのだろうと思う。
奉仕や貢献も目的はどこから来ているかはなかなかわからないものだが経済的に豊かであれば奉仕も可能になることは事実である。
企業経営は難しいものだ。
私も早くから社会に出て、徒手空拳で一介のセールスパーソンから上を目指して上っている過程なので、人のことを言うほどの立場ではない。
これからも、常に成功の原理原則を忘れず、宇宙の成功法則に素直になり、理を合わせ、世の為、人の為に、そして自己実現の為に、社会が求める理念経営を貫いていきたい。
どこまで上れるかは私の器量と幹部社員の器量で決まるだろう。
一度の人生、二度無い人生を悔いなき人生にするために人財教育の世界の頂点を目指す。
アチーブメントは「教える」を事業に今後とも拡張をしていく。
今日は深い学びが出来た朝の読書だった。
朝の読書は意識を拓く。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP