青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

成功の種を掴むことが出来た要因とは

2020年10月1日

一昨日9月29日はオンラインでトップライブを開催し、2022年度卒の約70名の選考を勝ち抜いた優秀な学生たちが参加をしてくれました。私の生い立ちや、どうして選択理論を土台にした人材教育企業を創業したのか、人材教育・能力開発の価値とは何かを伝えました。

120427916_1966769483466190_4538318699172160816_n

質疑応答の中では「成功の種を掴むことが出来た要因や、逆境を乗り越えるために行っていた行動は?」という質問がありました。私はこう答えました。

「誠実という言葉だと思います。誠実とは”私利私欲に走ることなく、真心を持って人や物事に対すること”と辞書にはあります。私が苦手なのはずるい人です。私の子どもにも、どんなに損しても良いから自分に非があるときには素直に謝りなさい。と教えています。一次的な信頼は失うかもしれないけれども、信用を落とすことはない。信用は目に見えない力で、信用が無くなると言葉を信じられなくなります。必ず約束は守る。これが私の大切にしていることです。この約束を守ることへのこだわりが、逆境を乗り越え、成功の種を掴むことができた要因です。」

つまりこれは、選択理論でいうと、責任の概念です。他人の欲求充足を妨げずに、自分の欲求を充足することです。選択理論に共感した優秀な人材が毎年新卒で入社してくれる、しっかりと育て上げることで、会社は益々発展していきます。

今日2020年10月1日からアチーブメントは34期がスタートします。アチーブメント株式会社はコロナウイルスによる約3ヶ月間の公開講座自粛もありましたが、33期もお陰様で黒字で終えることができ、決算賞与として感謝報奨金も社員に渡すことができます。ご縁のあった方々に感謝いたします。今日、明日は、より縁ある人々の幸せに貢献できる企業体となるべく、全社を休業日とし、2日間のキックオフ会議を行います。今年はコロナウイルスの影響もあり、拠点やグループ会社はオンラインで繋ぎます。

アチーブメントは理念共感型採用をしているので、企業の理念やビジョンに共感した人材が入社しています。更にキックオフ会議のような場で、前期の振り返りと共に、社員1人1人が自らの人生の目的と会社の目的を擦り合わせる、継続的に理念を浸透させる大切な機会です。世界最高峰の人材教育コンサルティング企業を目指し、精進してまいります。皆様、引き続きよろしくお願いいたします。


28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。
28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、従業員220名体制へ。
著書は59冊、41万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP