青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

最高の上司

2006年04月2日

私の職業はプロの能力開発コンサルタントである。
又、数社の経営をしている経営者でもあるが、人を育てるということは本当に奥が深いテーマである。
結論を先に言えば、人間は「自分の経験体験の中にしか確信を得られない」ということである。
ゆえに、最高の上司とは限界突破の体験をさせてくれる上司であり、そこから部下に対して真の自信を育てることが出来る上司ということがいえる。
これは大変難しいことである。
子育てもそうだが、子供を失敗させないように、親はいろいろ先回りしてあの手この手でサポートする。
しかし、それは時にサポートではなくヘルプになりその子を弱くしてしまうことにもなりかねない。
いわゆる過保護、過干渉という現象になる。
これは長期的に見て、お互いにとって良い結果を生み出すことは無い。
しかし目先だけ見れば、よい結果をつくれる。そこでつい口を出してしまう訳だ。
仕事上で人を育てることも同じで、上司は部下に対して転ばぬ先の杖で、つい口を出してしまいがちだ。
難しいテーマである。
唯、答えは一つ、成果を失わずにしかも本人の成長につながるマネジメント技術を体得し、個人を尊重し、経験や体験を積み重ねさせながら人を育てていくことである。
限界突破の体験をさせることなしに人は育たない。
限界突破すると人は泣く。感動があるからだ。
それゆえ上に立つものには器、すなわち部下に対する深くて大きな愛情が求められる。
目先の損得を越えて、大きな観点で人育てをしていきたいものである。
人を育てるには忍耐が求められる、親の深い愛が解るのは自分が子育てをしたときというのが一般的だ。
人の上に立つものは最高の仕組みを創り、その仕組みの中で本人に自主的、自発的にいろんな経験体験を積み重ねさせ、実行、実践の中から本人の中に真の自信と確信を育てていきたいものだ。
それが出来る人間が最高の上司である。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP