青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

頑張る理由

2010年09月24日

先日、全社会議の中で、「頑張る理由」ということについて社員にメッセージした。

 

私には会社を発展させる理由、そして200年、300年と存続させていく理由がある。
この、私の会社に懸ける想いよりも、
自分の想いが上回った時に、社員は離職していくのだと考えている。
自分が所属している会社の事業目的と、自分の生きる目的が同じであるなら、
この会社の一員であることが、社員にとっての自己実現につながるだろう。

 

先日、6月に行われた、
ソフトバンク株式会社の孫正義社長の新30年ビジョン発表を見た。
その一流のメッセージ力には改めて脱帽したが、
特に印象に残ったことは、孫社長はIT革命によって人々を幸せにすることを目的に、
それだけで30年以上走ってきたということだ。
私は人材教育によって人々を幸せにしたい、
人々の幸せのために自分の命を懸けたいと思っている。
目的のために自分の命を使う。
これがまさに使命、ミッションというものである。

 

アチーブメントの企業理念は、「上質の追求」である。
「我が社は選択理論を基にした、高品質の人材教育を通して、
 顧客の成果の創造に貢献し、全社員の物心両面の幸福の追求と、
 社会の平和と繁栄に寄与する。」
この目的のために事業を起し、営んでいる。
そしてこの目的のために人材も採用している。
だから私は、全ての新卒採用説明会で企業理念について必ず一時間話している。
この目的に共感し、同志となろうという人を採用したいからだ。
2011年度の新卒採用においては、
2万人のエントリーをいただくことができた。
弊社の事業目的に共感が生まれているからだと捉えている。
大変ありがたいことである。

 

人間はあくまでも、目的に生きている時が一番強いものだと思う。
目的意識が弱い人というのは、
上司を見て仕事をする傾向が強いと感じる。
そうすると、上司が見ていない時はさぼってしまう。
会社の理念に対して、自分が近づいていこうとしている人は、
いつも努力し、基準が上がっていくものである。
私は頑張る理由を社会の変革に持っている。
この目的に生きているから、パッションダウンすることはない。

 

これからも私は、命を削る想いで、本気でメッセージしていくつもりだ。
伝えても伝えなくてもよいのではなく、
私には、伝えなくてはならないものがある。
社員と、そして多くのお客様を同志とし、
この社会を良くしていく活動を進めていけることに、日々感謝している。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP