青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

成功は成長の果実

2020年08月20日

今日は「成功は成長の果実」という言葉について、掘り下げてお伝えしたいと思います。
成功とは、物心共に豊かな人生の実現であり、成功ではなく、成長を追い求めた先に手に入る果実です。

では、どうすれば物心共に豊かな人生を手に入れることができるのでしょうか。成長とは、価値観の肯定的変化です。それはあらゆることに感謝し、豊かなものの見方・考え方のできる人間になることです。自分を大切にし、自分という人間を心から愛し、人を大切にし、人のために貢献していける人間を目指すことで、おのずと成功は手に入ります。

私が、若手の社員やお客様に、若い時にはどんなことに力を入れればよいか質問を受けたときには、良き師、良き書に出会い、良質な情報に継続的に触れ、現場で挑戦し、限界突破体験をすることが大切だと伝えています。20代に失敗はありません。高い目標に挑戦すれば失敗をするリスクも高くなり、ミスをしたり、挫折をすることも当然あるでしょう。しかし、仮に失敗したとしても、それは成功に至る経験でしかなく、人生の大きな財産になります。挑戦と挫折の先に大きな成長があり、その先に輝く成功があります。

弊社でも14年前に新卒で入社した橋本拓也が、現在は東日本統括責任者までのし上がり、会社の中核を担ってくれています。彼も1年目で立ち上げた新規事業をたたんだ挫折経験も乗り越え、数えきれないほどのチャレンジをし、限界突破を繰り返してきたからこそ、人格的にも豊かな人間となっています。

神の目から見れば、人間の価値は、誰であっても同じですが、市場価値という点についていえば、成長しない人間の価値が下がっていくことは、自然の摂理です。周りの人から必要とされ、求められる人間になるために、人は成長し続ける必要があるのです。自分に内在する可能性に目を向け、他人と比較することなく、自らの道を挑戦し続けて欲しいと思っています。

私は現在、60代の半ばですが、アチーブメントが創業40期を迎える72歳で人生のピークが来ると思っていますし、今でも貪欲に学び、自己研鑽を続けています。昨日は、パートナーの佐藤さんと700名の経営者やプロビジネスパーソンに対してメッセージをしました。佐藤さんは日本一のファシリテーターです。今年70歳を迎えられますが、今尚、現役で進化を続けてくださっています。共に歩んでくださっていることにいつも感謝しています。皆さんも、成長を追い求めた先の成功を手にする人生を共に歩んでいきましょう。

28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。
28年間にわたり、経営者や各分野のプロフェッショナルに伝えてきた「目標達成の技術」を30分の動画に凝縮しました。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、従業員220名体制へ。
著書は58冊、40万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP