青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

成功している人は、20代30代で何を行ってきたのか

2021年10月26日

弊社では10月が期首のため、例年この時期になると人事異動の発表がある。
そうした中では、まれにだが、本人の希望通りの配属にはならない社員も出てくる。

どの部署に配属するかは、経営陣と人事が、その社員一人ひとりの長所、天与の才を見て、全体の必要性に応じて、適材適所の人事配置を考えている。
会社としては高い報酬を支払ってあげたい。
だから、その人が最も高いパフォーマンスを上げられるように、最も能力を活かせる場を与えてあげよう、ということで配属をする。

ここで重要なことは、その背景を理解し、何にフォーカスをして生きていくのか。
自分の主義・主張はいったん横に置いて、自分がこのアチーブメントという会社に、何をするために入社したのか、その決断を最後まで全うするという姿勢が重要だ。

なぜこの会社に入社したのか。
目的を果たすために、今自分が行うべきことは何か。
そして中長期でどうすれば会社のビジョンと自身の理想とする人生を擦り合わせることができるのか。
創造性を発揮し、擦りあわせられるかどうかも重要な能力である。

我々は自分の思考と行為しかコントロールできない。
組織における異動や配置転換は自分ではコントロールしにくい領域である。
そのなかで、コントロールできることに集中をし、自分自身のキャリアデザインをしっかりと描いて実践していくことが不可欠である。

10年先、20年先まで本当に逆算して描き、その上でいま自分の果たすべき役割をしっかりとやり遂げていく。
描いていたことと違うことが発生した場合には、軌道修正をし、描き直す。
この繰り返しがキャリアをつくっていく。

未来を鮮明に描くことができ、何か想定外のことが起こったとしても軌道修正できる人が社会では上に上がっていく。

阪急・東宝グループ創業者の小林一三氏の言葉「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ」。
ぜひ多くの若い人たちには、このことをしっかりと心に留めながら、目の前のことに特別熱心に頑張ってもらいたいと思います。


34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

34年間追求し続けてきた「人軸経営」の真髄を120分に凝縮してお伝えします。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
CEO
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、44万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP