青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

能力の差は考え方の差であるが、収益の差はシステムの差である

2008年07月31日

080731_01.jpg一昨日は、石川県の能登半島の加賀屋旅館に宿泊した。
昨日は、午前中から観光名所を訪れ夕方の便で東京に戻った。
印象深かったのは塩田における塩づくりだ。
大変な重労働である。
二日がかりで窯を焚き海水から塩を作る。
080731_02.jpg この重労働から「手塩にかける」という言葉が生まれたらしい。
とにかく重労働である。
私たちが何気なくいただいている食品にも現場では人知れず苦労があることがよく理解できる現場だった。
080731_03.jpg対照的だったのは麦飴のお店だ。
100年以上続くこの、のれんは一日飴だけで売上50万円ということだ。
観光ルートに乗っているのでどんどんお客が来る仕組みが出来ている。
50万売り上げているかどうかは確認できた訳ではないがこれは儲かる。
原材料費は知れている。
凄いビジネスだ。
お婿さんは左うちわという話を聞いた。
対照的な二つのビジネスを見ていろいろ感じることがあった。
能力の差は考え方の差であるが、収益の差はシステムの差であろう。
今日は、朝から採用に関する面談、出版会議、企画会議と各種決裁を終え、これからロスに出発する。
充実した日々に感謝である。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP