著名人対談


vol.1

挑戦のその先に
~夢を目指し続ける生き方~

三浦雄一郎(冒険家)
1932年青森市に生まれる。1964年スピードスキー競技において、時速172・084キロで当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降達成。1970年エベレスト・サウスコル8000メートル世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年エベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7か月)樹立(ギネス認定)。2008年、75歳で2度目のエベレスト登頂を果たす(最高年齢登頂更新・ギネス認定)。スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。 記録映画、写真集、著書多数。
三浦雄一郎氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.102より

1932年青森市に生まれる。1964年スピードスキー競技において、時速172・084キロで当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降達成。1970年エベレスト・サウスコル8000メートル世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年エベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7か月)樹立(ギネス認定)。2008年、75歳で2度目のエベレスト登頂を果たす(最高年齢登頂更新・ギネス認定)。スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。 記録映画、写真集、著書多数。

青木本日は、2008年5月に75歳にして世界最高峰であるエベレストに登頂、2003年に自身で打ち立てた70歳7か月の世界最高年齢登頂記録(ギネスブック掲載)を、自ら塗り替えられた現代随一の冒険家であり、現役プロスキーヤーでいらっしゃる三浦雄一郎さんにお越しいただきました。この対談を通して、数々の世界記録を打ち立てられてきた三浦さんの、夢や目標に対する想いやこだわり、そして目指し続けることの意味についてお伺いしたいと思います。
三浦さん、本日はお忙しいなか、ご足労いただきまして本当にありがとうございます。

三浦雄一郎氏 三浦いえ、こちらこそ。今日はよろしくお願いします。

青木よろしくお願いします。早速ですが、三浦さんはお父様も著名なスキーヤーでいらっしゃいますよね。息子さんもスキーの道に進まれて、一流のスキーヤーになってらっしゃる。お父様が100歳を迎えられたときには、お父様、三浦さん、息子さん方、息子さんの子どもさんと、4世代での滑降を達成されて、こちらもまた注目を集めましたね。

三浦根っからの冒険家ファミリーなんです。でも、父は公務員でもあり、アマチュアのスキーヤーで、特に「世界」といった考えもなかった。私の場合、スキーで誰も想像していなかったことをしたい!と強く願っていたんですね。何かを成し遂げたいという気もちが強かったんです。

青木それで生まれたのが、あの非常にユニークな、パラシュートを背負った大滑降ですか?

三浦そうです。当時NASAの職員たちは、「何、馬鹿なことをしているんだ」と言っていたそうです。あの頃の科学の常識では考えられないものだったんですね。空気が薄くて、ジェット気流に巻き込まれることもあるから、パラシュートを開くには、6000メートル以下でという考えがあったそうです。それを8000メートルの高さで開いていましたから。NASAも教えてくれればいいのに、「どうなるか見てやろう」と構えていたみたいですよ(笑)。

青木それは面白いですね(笑)。

無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP