著名人対談


vol.10

最短距離で最大の成果を生み出す
リーダーの知恵

佐々木常夫(東レ経営研究所 特別顧問)
1944年秋田市生まれ。1969年東大経済学部卒業、同年東レ入社。自閉症の長男とうつ病の妻を持ち、育児、家事、介護に追われる中で、破綻会社の再建や事業改革に従事。2001年、同期トップで取締役、2003年、東レ経営研究所社長、2010年、同社特別顧問に就任。現在は、内閣府の男女共同参画会議議員などの公職も務める。
著書は『ビッグツリー』(WAVE出版)など多数。2011年にビジネス書最優秀著者賞を受賞。
佐々木常夫氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.122より

1944年秋田市生まれ。1969年東大経済学部卒業、同年東レ入社。自閉症の長男とうつ病の妻を持ち、育児、家事、介護に追われる中で、破綻会社の再建や事業改革に従事。2001年、同期トップで取締役、2003年、東レ経営研究所社長、2010年、同社特別顧問に就任。現在は、内閣府の男女共同参画会議議員などの公職も務める。
著書は『ビッグツリー』(WAVE出版)など多数。2011年にビジネス書最優秀著者賞を受賞。

青木今回は、家庭でさまざまな課題を抱えながら、破綻会社の再建や事業改革などに取り組まれ、同期トップで東レの取締役に就任。現在は、東レ経営研究所株式会社の特別顧問を務められている佐々木常夫氏をお迎えしました。定時に帰らなくてはならない状況で生み出された、最短距離で最大の成果を生み出すための考え方などを伺っていきます。まず、佐々木様のこれまでの歩みについてお聞かせください。

佐々木常夫氏 佐々木私は、いわゆる平凡なサラリーマンで、1969年に入社した東レでずっとやってきました。40歳頃から、経営企画室の一員として社長の傍で仕事をしてきたので、経営とはどういうものか、それなりに理解できる立場にあったんです。2003年に東レ経営研究所の社長に就任し、2006年に出した『ビッグツリー』をきっかけに、講演、シンポジウム、大学の講義、取材などを通して、いろいろな組織や人を知るようになりました。現在は国の審議会議員を3つ務め、著書は6冊、累積部数もおかげさまで92万部となっています。

青木すばらしいですね。佐々木様は組織人として、経営者として、また、父親として、多くの困難を乗り越えられてきたかと思いますが、どのような思いが支えとなっていたのでしょうか。

佐々木まず、人の幸せや不幸は体重計や血圧計のようなもので測れるものではありませんし、置かれた環境の中で幸せか不幸かを決めるのは自分自身なんです。私は家族のことで苦労していた当時、何も起こらない日があると、今日は幸せだと実感していました。傍から見れば大変そうでも、誰でも当事者になれば頑張れるものです。私自身はそれほどシビアに不幸だと思っていたわけではありませんね。

また、家族のことで大変だった時に、私を支えてくれたのは仕事でした。仕事は頑張れば結果がついてきます。私は自己実現欲求が強いので、会社で面白い仕事ができれば、家に帰って今度は家族のために頑張ろうと思うことができていましたね。

青木仁志青木物の見方や考え方一つで、自分の精神状態も変わるということですね。佐々木様はワークライフバランスの実践者として有名ですが、限られた時間で成果を上げるために大切にされている考え方を教えていただけますか。

佐々木一番大事なのは、“決意と覚悟”を持つことです。最短コースで結果を出す仕事をやろうと決意すれば、そのために全力を尽くし、いろいろな知恵を学びます。それを繰り返すうちに、スキルは身につきます。いくら本を読んでスキルを詰め込んでも、決意と覚悟がなければ、三日坊主で終わってしまいますからね。

青木その通りですね。ちなみに、独身の若い時と、家庭を持った時では働き方が違うという説もありますが、年代と働き方は関係があるのでしょうか。

佐々木常夫氏 佐々木年代と関係ありますね。先日、ある企業で行ったワークライフバランスの講演で、入社二年目の独身の会社員からアドバイスを求められた時、「死ぬほど働きなさい」と私は言いました。社会に出たばかりで、まだプロと呼べる域に達していないうちは、ワークライフバランスや仕事の適性のことよりも、与えられた仕事に全力を尽くしたほうがいい。最低でも5~10年はプロになるために頑張り、40代でしなやかに生きなさい、と。

私が人生の中で一番成長を実感したのが40代です。20~30代は成長角度が高いけれど、モノを知らず、経験もないので、回り道をしがちです。30代後半にロスのない仕事のやり方を覚え、40代には部下が持てます。できるだけ部下に仕事を任せ、自分は早く帰り、自己啓発、家族やコミュニティとの付き合い、本や映画などで教養を深めることに時間を使うんです。

青木なるほど。年代によって働き方を変化させていくわけですね。今のお話は、経営者の方が聞いたらほっとする一言ですね。

無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP