著名人対談


vol.3

世の中に用いられる
「大切にしたい会社」になるために

坂本光司(法政大学大学院 政策創造研究科教授)
1947年、静岡県生まれ。福井県立大学教授・静岡文化芸術大学教授などを経て、2008年4月より法政大学大学院政策創造研究科(地域づくり大学院)教授、法政大学大学院静岡サテライトキャンパス長および同大学院イノベーション・マネジメント研究科(MBA)兼担教授。国・県・市町や商工会議所等団体の審議会や委員会の委員も多数兼務。専門は中小企業経営論・地域経済論・福祉産業論。著書『日本でいちばん大切にしたい会社』(あさ出版)は刊行直後からメディアを賑わし、現在につづくロングセラーを記録。今では30万部を超え、2009年を代表する1作に数えられている。
坂本光司氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.113より

1947年、静岡県生まれ。福井県立大学教授・静岡文化芸術大学教授などを経て、2008年4月より法政大学大学院政策創造研究科(地域づくり大学院)教授、法政大学大学院静岡サテライトキャンパス長および同大学院イノベーション・マネジメント研究科(MBA)兼担教授。国・県・市町や商工会議所等団体の審議会や委員会の委員も多数兼務。専門は中小企業経営論・地域経済論・福祉産業論。著書『日本でいちばん大切にしたい会社』(あさ出版)は刊行直後からメディアを賑わし、現在につづくロングセラーを記録。今では30万部を超え、2009年を代表する1作に数えられている。

青木本日は、2008年4月の刊行以来、2009年末までに30万部を超えるベストセラーとなった『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者でいらっしゃる法政大学大学院の坂本光司教授にお越しいただきました。
机上の空論に陥りがちな学問の世界から飛び出し、実に6300社を超える中小企業を訪ね、週に2回はフィールドワークとしてゼミ生を伴い、ありとあらゆる業界の現場を見ていらっしゃいます。私も営業の世界のたたき上げでトップを走ってきましたから、坂本教授の現場主義には非常に共感するものがあります。今回はアチーブメントが掲げる理念経営と、坂本教授が追求されてきた、世の中に必要とされる〝元気印企業〟の経営のあり方に関してお話を聞かせていただきたいと思っております。
さっそくですが、数多くのフィールドワークをされて、元気印企業に共通しているものは何だとお感じになりますか?

坂本元気印企業は資金力・販売力・規模・システムではなくて、経営者が人生観や使命感を非常に大切にしています。すべては経営者の姿勢・人格にかかっているといっても過言ではありません。ですから御社が事業として人財教育、とくに経営者教育に取り組まれていることは素晴らしいですね。

青木ありがとうございます。数々の現場を見てこられた坂本教授にそう言っていただけますとうれしいです。坂本教授はご著書のなかで〝人材〟を〝人財〟と表記されていますね。

坂本光司氏 坂本はい。大学の教科書をはじめとした私の携わる出版物は、すべて〝人財〟で統一しています。人を財産だと思えば切ったり貼ったりするリストラのようなことはせず、大切にするでしょう。経営学では、資本集約型・技術集約型……と数々の形態が論じられますが、もうひとつ上のレベルとして〝人財集約型〟を提唱しています。一に人財、二に人財……あとは人間のための道具に過ぎないと思いますね。少し言い過ぎたでしょうか(笑)。

青木いえ、その通りだと思います。お恥ずかしい話ですが、私自身は自分が経営者になったなと感じたのは、新卒の新入社員が入社してきたときでした。上場企業を蹴ってまで入社してくる子たちのご両親のためにも、まずは社員が主体的に学び、働くことができる環境づくりを常に考えています。

坂本組織の長の姿勢は本当に大事です。人財教育という事業だけでなく、社員一人ひとりを育成するという強い意志を感じますね。そういった青木社長の想いに社員が応えている。

青木仁志 青木ありがとうございます。坂本教授こそ、先日、一国の内閣総理大臣を動かされましたね。10月26日に行われた所信表明演説で鳩山首相が日本理化学工業(※)についてお話されたのは、坂本教授の書籍がきっかけになったとお聞きしています。

坂本泥だらけの研究生活を送ってきましたから、研究の成果が国のトップに伝わっていることは非常にうれしく思いました。いつも私は、私が年寄りならば、手足がなかったならばと考えることから、研究をしています。教育者を天職にしている限り、現場に出ていこうと思っています。理論のこねくり回しは必要ありません。愛の経営学と同じです。社員に対する愛、お客さんに対する愛、下請けさんに対する愛、地域に対する愛……です。

無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP