著名人対談


vol.6

日本一を生み出す組織運営の秘訣

相川佳之(SBCメディカルグループ 総括院長)
1970年、神奈川県生まれ。薬局チェーンを営む両親のもと、跡取りとして育ち、日本大学医学部へ進学。1997年大学卒業。癌研究所付属病院麻酔科勤務の後、1998年大手美容外科に勤務。当時、日陰の存在だった美容外科業界の裏側を知り、「理想のクリニック経営」を夢見、2年で独立。2000年神奈川県藤沢市に湘南美容外科を開院。その後、年3、4院のペースで開院、2012年3月現在、全国に24院を展開する。最新のマーケティング手法にも積極的に挑戦、テレビをはじめとしたメディアへの露出も多く、知名度を上げている。患者の気持ちに寄り添い、不安や恐怖心に応えるため、ホームページには15000件にのぼる体験談を掲載。術後にアフターフォローのメールを配信するなどといったきめ細かい配慮も支持を集める理由のひとつ。業界を牽引する注目の若手旗手である。
相川佳之氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.118より

1970年、神奈川県生まれ。薬局チェーンを営む両親のもと、跡取りとして育ち、日本大学医学部へ進学。1997年大学卒業。癌研究所付属病院麻酔科勤務の後、1998年大手美容外科に勤務。当時、日陰の存在だった美容外科業界の裏側を知り、「理想のクリニック経営」を夢見、2年で独立。2000年神奈川県藤沢市に湘南美容外科を開院。その後、年3、4院のペースで開院、2012年3月現在、全国に24院を展開する。最新のマーケティング手法にも積極的に挑戦、テレビをはじめとしたメディアへの露出も多く、知名度を上げている。患者の気持ちに寄り添い、不安や恐怖心に応えるため、ホームページには15000件にのぼる体験談を掲載。術後にアフターフォローのメールを配信するなどといったきめ細かい配慮も支持を集める理由のひとつ。業界を牽引する注目の若手旗手である。

青木本日は、SBCメディカルグループ 総括院長の相川佳之先生にお越しいただきました。相川先生率いるSBCグループは、現在全国に24院を展開され、60名のドクターと510名のスタッフが在籍するという圧倒的な規模はもちろんのこと、症例数が国内トップクラスという事実からは、患者様から寄せられる期待と信頼の大きさがわかります。業績は150%ペースで伸び、リピート率70%と驚異的な数値を出されている、名実ともに日本一の美容外科グループの総括院長であり、経営者である相川先生に、本日は、「日本一を生み出す組織運営の秘訣」について伺います。相川先生、本日はよろしくお願いいたします。

相川よろしくお願いします。

青木ご紹介を兼ねて、先生が医師になり、美容外科の道を歩まれた経緯についてお話しいただけますか?ただ開業するのではなく、全国規模で展開するまでに至った背景に非常に興味があるのですが。

相川佳之氏 相川両親ともに薬剤師だったのですが、私はずっと「体の仕組み」に興味があったんです。大学入試も、2週間前に薬学部から医学部へ志望を変えて、二浪して医学部に進学したのですが、二浪したことといい、中途半端な学生で、学業よりテニス優先の毎日でした。中高とテニスをやってきて自信があったんです。でも、医学部にはジュニア経験がある猛者も多く、なかなか勝てなくなってしまった。そこで、出場者が300人にのぼる関東医科歯科リーグで優勝すると目標設定して、試験中であろうと他人より練習量をこなして、毎日ラケットを振り続けました。そうしたら2年後、目標に掲げたとおり優勝したんです。なんともいえない達成感と高揚感を味わいました。毎日コツコツやり続けることの威力を思い知って、それまでとは一変して、学業にも打ち込むようになったんです。

青木仁志 青木「成功のサイクル」に入ったのですね。物事に打ち込むことで、必ず何かしらの成長があり、自分が高まることで、自身を見つめる目が変わりますね。自分の可能性を信じられるようになります。「成功は成長の果実」であり、成長の結果、成功を得ることができます。しかし、成功体験を経て、さらに成長しようと思えることこそ、何よりの成功なのかもしれません。

相川ええ。僕にとってのひとつの大変革でした。やる気が生まれたので、「毎日手術ができて、人よりむちゃくちゃ頑張れる科に行こう」と考えました。救命救急と泌尿器科と美容外科の3つで迷ったのですが、ずっと背が低いことがコンプレックスだったので、誰よりも患者さんの気持ちがわかるだろうと考え、美容外科を選択します。  思春期のころ、背が伸びないことを悩んで、ある大学病院に行ったんです。医師に「脱げ」と言われて、素っ裸になりました。運動をしていたので、体の均整はとれていたんです。なので、医師は、僕を一瞥すると「問題ない」と一蹴しました。散々悩んで診察にまで行ったわけですから、ひと言で片付けられたことが、ある種トラウマになっていた。それと、日本の医療は、命に関わらないものであれば手を出さない風潮があることを感じていました。鼻が低くても呼吸できるんだからいいじゃないか、背が低くても健康ならいいじゃないか、といった具合です。生死をさまようレベルから日常生活に支障がないレベルまで0点を60点に引き上げるのが通常の医療なら、60点を80点、90点、100点にしていくのが美容医学なんです。コンプレックスを解消し、人生をより上質なものにしていける力があると感じ、美容外科に進みました。

無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP