著名人対談


vol.8

社員第一の“非常識”な経営術

山本敏行(ChatWork株式会社 代表取締役)
昭和54年3月21日、大阪府寝屋川市生まれ。1997年、中央大学商学部の夜間部へ入学。2000年、留学先のロサンゼルスにて、パソコンが得意だった弟と一緒に株式会社EC studio(現ChatWork株式会社)を起業。帰国後2004年、法人化したが、社員の流出が相次ぎ、2005年に1000人の経営者に会う中で、経営の本質は「社員満足」にあると気づく。その後「社員第一主義」を貫き、労働環境を良くするためにITを経営に徹底活用したことで、組織診断サーベイにおいて2年連続で『日本でいちばん社員満足度が高い会社』に認定される。中小企業を支援するためにITを活用した事業を多数展開。2012年、クラウド型ビジネスチャットツール「ChatWork」事業に一本化し、社名も変更。シリコンバレーに子会社ChatWorkIncを設立し、アメリカを起点に世界展開を図る。
ChatWorkサービスURL:http://www.chatwork.com/ja/
山本敏行氏 × 青木仁志 アチーブメントクラブニュース vol.120より

昭和54年3月21日、大阪府寝屋川市生まれ。1997年、中央大学商学部の夜間部へ入学。2000年、留学先のロサンゼルスにて、パソコンが得意だった弟と一緒に株式会社EC studio(現ChatWork株式会社)を起業。帰国後2004年、法人化したが、社員の流出が相次ぎ、2005年に1000人の経営者に会う中で、経営の本質は「社員満足」にあると気づく。その後「社員第一主義」を貫き、労働環境を良くするためにITを経営に徹底活用したことで、組織診断サーベイにおいて2年連続で『日本でいちばん社員満足度が高い会社』に認定される。中小企業を支援するためにITを活用した事業を多数展開。2012年、クラウド型ビジネスチャットツール「ChatWork」事業に一本化し、社名も変更。シリコンバレーに子会社ChatWorkIncを設立し、アメリカを起点に世界展開を図る。
ChatWorkサービスURL:http://www.chatwork.com/ja/

青木本日は、2年連続で『日本でいちばん社員満足度が高い会社』に選ばれたChatWork株式会社 代表取締役の山本敏行氏にお越しいただきました。素晴らしい会社というものは規模ではなく、社員の幸福度で決まるものだ、と私は考えています。しかし、本当に社員が充実感を持って働いている企業は非常に少ないのも事実です。多くの経営者が社員を幸福にできる経営を目指していますので、本日は御社が高い社員満足度を維持されている秘訣や山本社長の考え方について、ぜひお話を伺いたいと思っています。本日はよろしくお願いいたします。

山本よろしくお願いします。

青木最初に、山本社長の経歴について簡単にお聞かせください。

山本敏行氏 山本私はIT企業の経営者なのですが、実はITがとても苦手で、今でもワード、エクセルは使えないんです。そんな私がITの道に進むきっかけになったのは、高校時代にさかのぼります。体育会系で格闘技をしており、体力にモノを言わせてパソコンオタクの弟を練習台にしていたのですが、ある時父親から「この日本を作っているのは、オタクやぞ」と叱られまして(笑)。それをきっかけに、弟のやっていることに興味を持つようになり、コンピュータとインターネットの回線があれば、世界中の人とつながれる、ということを知ったんです。そのことにとても衝撃を受け、ITの世界に進もうと思い、起業したのですが、私自身にはスキルがないので、ITのできる人をマネジメントしていく形をとりました。 当社ではこれまで、中小企業の売上向上や業務効率向上の支援、コミュニケーションの活性化を、ITを通して実現することに力を入れてきました。ホームページを使って売上を出す方法や、少人数で五万社近いお客様に対応するための業務プロセスの改善など、自社で実践してうまくいったものをサービスとして提供しています。

青木仁志 青木なるほど。自社で効果性が実証されているものを提供するというのは、当社とも似ていますね。誠実な姿勢でビジネスに取り組まれていますが、創業当初、次々と社員が離れていった時期もあったそうですね。どのようなきっかけで、経営のスタンスが変わったのですか。

山本大学生の時に起業したため会社に勤めた経験がなく、会社を設立した2004年当時、経営のことは何も知りませんでした。また、みんなが自分と同じモチベーションを持ち、自分と同じように頑張れると思い込んでいたんです。しかし、「頭痛がする」「おなかが痛い」「会社に行けません」と言って離脱する人々が続出。最初は気合いの問題だと思っていましたが、そのうちに、どうやら自分に非がありそうだと考えるようになりました。
スポーツでもなんでもそうですが、我流でやると頭打ちになります。そこで、経営の基礎を学ぶために、1年間で1000人の経営者に会って話を聞くことにしたんです。経営者が集まる場に行って名刺交換し、30分くらい自分のビジョンを語り、それに対していろいろなアドバイスをいただきました。その時に気づいたのが、「うまくいっている会社の経営者の共通点は、社員を大切にしていて、会社のことを楽しそうに話す」ということでした。だとすれば、社員第一にしないと自分も生き残れないと思い、そこから頭を切り替えたんです。

青木1年間に1000人ですか、凄いですね。

山本敏行氏 × 青木仁志 山本365日間で1000人に会うのは無理だと思われるかもしれませんが、朝6時に倫理法人会、昼は経営者の研修会、夜はまた違う経営者の勉強会…と、毎日、複数の場に顔を出していました。睡眠時間は3時間という日が続きましたが、そうやって自分なりに経営のやり方を確立し、その翌年から一気に改善をかけていったんです。

無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

Facebook

▲ PAGE TOP