青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

役割について考えてみた

2006年07月22日

私にはいくつかの役割がある。
人材教育コンサルティング会社の経営者としての役割、能力コンサルタントとしてプロトレーナーとしての役割やプロスピーカーとしての役割、出版会社の代表取締役社長としての役割、出版プロデューサーとしての役割、作家としての役割、日本プロスピーカー協会の会長としての役割、出資会社の役員としての役割、等々。
又仕事以外にも沢山の役割がある。
特定非営利法人の役員としての役割、学術団体の常任理事としての役割、社団法人の社外理事としての役割、いじめ虐待防止委員会の委員長としての役割、夫として、父親として、子としての役割、学校の役員として、共同住宅であるマンションの理事として、等々まだまだ続く、こうして数えていけば多くの役割の中で生かされていることに気づく。
ポイントはこれを“やらねばならない”として義務感だけでやっているか逆に主体的に楽しむかの差である。
私は役割を楽しんでいる。
人生は一方通行の旅。ロマンロランが言うように「人生は往復切符を発行していません。ひとたび出立したら再び戻ってくることはないのです」そのとおりである。
私はある時、一人でも多くの方々に、出来る限り良い影響を与え、人間社会に役に立つことが存在価値であるということに気がついた。
今は生かされる喜びと活かされる喜びに生きている。
人生は一人ひとり違った賜物与えられ、自分しか登れない人生登山を皆、必死で登っている。
人と自分は違う、決して人と比べることなく、自分に与えられた役割を粛々と実行していくと目の前の景色が大きく変わってくると思う。
今日も私が入っているVIPクラブの勉強会に参加したが大変勉強になった。
そのクラブでは六本木オーナーズの代表世話役をしているが、もしこの役をお引き受けしていなければ、今日の素晴らしい人びととの出逢いはなかったと思う。
昔から“情けは人の為ならず”というが、いろいろな会でいろいろな役割を果たしていたりお世話をしたりしていると、結果的に回りまわって自分がよい影響を受けることになる。
何事に対しても積極的主体的に取り組んでいきたい。
よく成功したければ「手まめ」「足まめ」「口まめ」「筆まめ」が大切というが、前向きにいろいろなチャンスを捕らえて、人に奉仕したり、貢献したりしていけばいろいろな道が開かれていくものだ。
私は人生を5段階に分けて(学習、指導力開発、挑戦、富の形成、社会奉仕)いろいろ段階を追って実現してきたが、将来は恵まれない子供たちのために、社会奉仕を目的とした財団を作り、社会貢献していきたいと願っている。もっと積極的にいろいろ活動していきたい。
10年後、60歳を超えてからの方が今よりももっと多くの役割を引き受け取り組んでいく可能性は大である。
一度の人生、二度無い人生、もっと熱く、もっと本気で、もっと純粋に何事にも取り組んでいきたい。
先日、ある人から野口英世医学博士は人間ダイナモ(人間発電機)と言われていたと聞いたが、まさに使命に生かされていたので全く疲れを知らなかったのだと思う。
私も役割に生かされていこう。
感謝!感謝!感謝!

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP