青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

マカオから帰国、翌日即イベント、夜は大学院で講義

2010年11月24日

18日に日本を発ち、18日から22日までマカオグランプリに足を運んだ。
IMG_3448.JPG
今年で57回目を迎えたマカオグランプリは、
中国の南にあるマカオ特別行政区の市内にて、
一般道路を閉鎖した1周約6㎞のコースで開催された。
今回、私たちがメインパートナーを務めたアチーブメント全日本F3選手権に出場していた
山内英輝選手は、本レースにおいて、日本人最高の13位だった。
予選では一時29番手まで落ち込んだが、
決勝レースでは10台近く次々と追い抜き、
最終的に13位を得ることができたのは、素晴らしい成果である。
IMG_3451.JPG
また、2009年Achievement by KCMGのレーシングドライバーを務め、
今回戸田レーシングチームから参戦した
12位という成果を出した。
彼らを含めた多くの若者たちが、世界中からF3の頂点を目指し、駆け抜けていく真剣な姿に触れ、観戦している私の心も大きく高鳴った。
今回、活躍した選手も、残念ながら結果を残すことが難しかった選手も、来年のレースで良い結果を出してくれるに違いないと思った。
IMG_3454.JPG
今回のマカオのレースを通して、様々なことを感じることができた。例えば、どのような人物が自分の思考を現実化し、
勝利につなげることができるか、であるが、
この点においては、自身のレーシングドライバーとしてのテクニックもさることながら、
どのようなチームに所属し、どのようなスポンサー(金銭的支援)が得られるかということも
レースを続けていく上で、とても重要な要素である。
 
そして、それらの要素に加えて、更には”運”も味方しないことには、世界のトップレーサーにはなれないのだ。
 
経営もまったく同じで、良い人材と、良い組織、そして、良い経営管理者、現場管理監督者がいて、
なお且つ、その事業の時代のニーズがあって、初めて健全経営ができのである。
私も、創業当時、資本金たったの500万円、社員5名というまったくのゼロからのスタートだったが、アチーブメントは現在、おかげさまで、社員も100名体制になり、純資産もその140倍以上の自己資本率70パーセントの無借金会社に成長した。
他社資本一切なし、自力で今日まで歩んできた道のりは、
まさに日々の判断選択の連続であり、その結果、
今期24期目を迎えることができているわけである。
今回のマカオトリップにて、
モータースポーツの世界におけるレーシングチームの活躍の裏側にある、
さまざまなマネジメントの力は、経営にもそのまま活用できるものがあると
深い気づきを得ることができた。
1123.JPG
そのような慨深い気付きを心に留めながら、
月曜にマカオから戻り、先日のブログでも紹介した、
「頂点を目指す物たちへ」特別トークライブで講師を務めさせていただいた。
 
今回のセミナーは、世界的な冒険家である
三浦雄一郎先生と、今年、世界のモータースポーツでF1と並ぶ米国のインディーシリーズに参戦している
佐藤琢磨氏とのコラボレーションセミナーであった。
今回、国際舞台で活躍しているお
11252010.JPG
二人と、共に講演を行うことができたことは、
私の人生に大きな影響を及ぼすと同時に、人生の大切な思いでにもなった。
私自身は、まだこれから世界最高峰を目指し、
歩んでいる途中の人間だが、
会社が40期を迎える16年後には、
なんとしても世界最高峰といわれ
る企業体を築き上げていたいという
強い思いがある。
_DSC4364.JPG
三浦先生は2013年、80歳で
エベレストの頂上へ立たれようとされている。
 
私も16年後、71歳になる。
人材教育という事業を通して世の中で起こっている様々な
問題を、解決していける一流の企業体に築き上げていきたい。
 
売上100億、経常利益20億、社員500名を超える超一流の企業体に育て上げていきたいと、心に期したイベントであった。
 
そして夜は、今年度、客員教授を務めさせていただいている
法政大学大学院 政策創造研究科で講義を行い、
スタッフと共に夕食をとり、家に帰宅したのは23時近くになった。
確かに毎日忙しい日々が続いているが
充実した日々、生かされた日々を過ごしている。
塵あくたのようなところから神様に拾い上げられ、
こうして日々、人の役に立つ存在として用いていただけることに
感謝感謝の毎日である。
grouppics2.jpg
   (※本日イベントを手伝ってくれた本社社員と三浦先生と佐藤琢磨さんとの集合写真)

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP