青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

日本初、エグゼクティブプロスピーカーの誕生!

2011年08月20日

コピー ~ P8190554.JPG

スタンダードコース第528期最終日である。
つい先週もここ東京本社にて第527期を参加者180名で開催したが、
この様に毎週スタンダードコースの担当講師を務めさせていただけることに心から感謝している。
求めるものが変わると人生が変わる。
 
講義の中でも幾度かお伝えさせていただいたが、
成功において、求めるものを明確化させることは成功の出発点である。
 
コピー ~ P8190563.JPG
願望、目的の明確化から、戦略的に目標設定を行い、具体的な達成計画を立案し、逆算による日々の行動を積み重ねる。
いたってシンプルなことである。
 
願望実現に向けて目標達成のセルフカウンセリングは大変効果的な技術と言える。
つまり、これを行えば人は誰でも成功の人生を
生きることが出来るということだ。
 
この最終日の3日目も、ひとりでも多くの方に、
「誰でも成功できる」というメッセージが届き、
皆さんの人生の自己実現に貢献できれば幸いである。
 
コピー ~ CIMG0956.JPG
今日はひとつ大変嬉しいニュースを皆さんにお伝えしたい。
つい先日、シニア・プロスピーカーとして早瀬徹さんが合格したとお知らせしたが、実は今回、エグゼクティブ・プロスピーカーに丸山直樹さんが見事合格された。
丸山さんは、『頂点への道』講座スタンダードコースの初受講から、8年間もの間、研鑽に積む研鑽を積み上げ、ついに、先日、いまだかつて誰も挑戦したことの無かった
エグゼクティブ・プロスピーカーの試験に挑戦してくださった。
弊社の契約トレーナーとしても、
日本の一流企業への研修も数多く担当してくださり、
弊社のコンサルタントからも、絶大な信頼を得ている。
 
先月の試験でも、ご自身の持ち味を存分に活かされた
素晴らしいプレゼンテーションを行っていただいた。
試験の後にフェリーチェ高輪台で食事をご一緒させていただいた際に、
当時小学校1年生だったご子息が今は中学校2年生になったと伺い感慨深いものがあった。
月日が過ぎるのは本当に早いものだと感じたと同時に、
今まで共に日本社会の為に活動を行うことができたこと、
そして、今後も末永いお付き合いをさせていただけることに
感謝の気持ちで一杯である。
今回、エグゼクティブ・プロスピーカーとなった丸山さんは、
20回を超える『頂点への道』講座スタンダードコースのアシスタントを
行ってくださったが、今回のスタンダードコースでは、7名の素晴らしい方々がアシスタントを務めてくださった。
左上から、岡田 正顕さん、児嶋 治道さん、吉地 惠さん、児野 絢さん、比良 愉弥子さん、
 鴨頭 嘉人さん、野村 武志さんの7名である。
コピー ~ IMG_1300.JPG
弊社の受講生の方々には、是非プロスピーカーを目指していただきたいと思っているのと同様に、
プロスピーカーの方々は、更に上を目指して、
シニア、エグゼクティブ、マスター・プロスピーカーを目指して欲しい。
 
日々粛々と、いじめ、差別、自殺の無い、明るく豊かな社会の実現に向かい最善を尽くす。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP