青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

人生の幕を閉じる瞬間になんと言いたいですか?

2017年05月27日

先日、社員に向けてメッセージした内容を特別にご紹介します。

====
今日のテーマは「職業観」です。

私たちがこれまでお客様からいただいた声を思いだしてみてください。
何倍にも向上した業績、身近な方との人間関係の劇的な改善、
社員の主体性の変化、社員の働きがいの形成・・・

その喜びの声、一つひとつが私たちの職業観へと繋がっていきます。

もちろん、仕事をする上ではたくさんの苦労や、葛藤があるでしょう。
しかし、生きがいとは、
「人が熱情をそそぐ仕事の中に〝苦労と共に〟見出す深い喜び」であり、
その生きがいを持てる仕事が
アチーブメントにはあると断言できます。

そして自分が高い職業観を持ち、大きな志を抱いて前進するうちに、
考えもしなかった未来が拓けていきます。
アチーブメントも、中小企業庁をはじめとした国家とのご縁ができ、
また、元文部科学大臣の下村博文氏とも一緒に仕事をするようになりました。

さらに、PHP研究所から発刊した、
『松下幸之助に学んだ「人が育つ」会社のつくり方』が松下政経塾で配本され、
元大臣の方から感想メッセージも届いています。

これらは私が自らの職業への高い誇りを胸に、
「国家に貢献したい」という志を持ち続けた結果が、
そうした現象をつくりだしているのです。

ではそうした職業観を持ち、
志を育むためにはどうしたらいいのでしょうか。
それは、
「目の前のことに対して、いかに真心を持って最善を尽くすか」
にかかっていると断言できます。
よく物心共に豊かになった方に、そうなれた理由を聞くと、
「目の前のことを一生懸命こなしてきただけだ」と言いますが、
他ならぬ私自身も同じです。

目的から日々の実践に一貫性を通すとは、
「日々を精いっぱい生きる」ということと同義語なのです。
社会は人との繋がりで成立しています。
だからこそ、
人と人の『関わり合いの内実』に確信が得られるアチーブメントの社会的使命は大きく、
それゆえにどの部署の仕事も誇りある仕事なのです。

私たちは高い職業観を持ち、
社会に貢献し続ける組織であり続けましょう。
そして、人生の幕を閉じる瞬間に
「ああ、いい人生だった」と言える人生を、共に全うしていきましょう。

====

社員の職業観を高めるため、このように社員にメッセージしました。
私の人材育成に対する取り組みを参考にしていただければ幸いです。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP