青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

嬉しい出来事

2007年12月22日

071222_03.jpg今朝、嬉しい事があった。
日本プロスピーカー協会のベーシックプロスピーカーで、
有限会社KAOの代表取締役社長の中村かおるさんが、
クリスマスプレゼントとして、映画『ペイ・フォワード』のDVDに
独自のデザインカバーを付けてプレゼントしてくれたのだ。
デザインカバーには、
「目指しませんか? 1/1000
プロスピーカー1000名プロジェクト始動!!」
とある。
“いじめや差別の無い明るい社会創りをしていこう”
という私の熱い思いを受け、
映画『ペイ・フォワード』に通じるものを感じ、イメージし、
クリスマスの思い出にとプレゼントしてくれたのだ。
嬉しい事だ。
弊社の最高顧問である精神科医ウイリアム・グラッサー博士は、
関わり合いの大切さを教えてくれているが、
人は温かい人間関係を求めているものだ。
ここでグラッサー博士が教えてくれた、
関わり合いの内実について触れてみよう。
07122_04_03.jpg 「誰かが真に私に関心を持ち、私のことを気遣い、
思ってくれている。
そして私もその人に関心を持ち、その人を気遣い、
思っているといった親密な関係。
誰かが私を愛している、
又私もその人を愛しているという確信。
こうした関係の成立と確信が関わり合いの内実である。」
私は子どもの頃、寂しかった。
3歳で両親が離婚し、義理の母に育てられた。
母には感謝しているが、家庭環境はかなり厳しいものがあった。
社会に出て、結婚し、子どもができて、
家族との関わり合いの内実は私にとって生きる力である。
社員との関係にも、この関わり合いの内実を求めている。
弊社は社員間の人間関係が非常に良いと思う。
選択理論的な関わりの中に、愛に満たされた人間関係の構築がある。
今回、中村かおるさんからいただいたDVDに、
深い愛情を感じた。
人は愛情を求めている。
産業革命後人類の文明は非常に進歩したが、
年々悪くなっているものが人間関係だろう。
離婚率は2分2秒に一組という。
学校でも、いじめ問題や差別問題が大きな問題として取り上げられ、
自殺者も年々増加傾向だ。
この問題の根本にあるものは人々の不幸感である。
グラッサーは、
「あらゆる問題行動の本質は不幸感にあり、
なぜ不幸かといえば、
それは自分が重要と思っている人との人間関係が
確立できないことにある」と言う。
その通りだと思う。
寂しさや孤独感は人を問題行動に走らせる。
非行や犯罪の根底にあるものもこの不幸感だと考えている。
愛が動くとき、不可能は可能に。
愛を持って関わりを強化していこう。
そこに愛に満ち溢れた豊かな人生がある。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP