青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

20年ぶりにPHP研究所 松下幸之助 資料室を訪問

2009年10月27日

今日は、20年ぶりに京都のPHP研究所を訪ねた。
経営理念研究本部の取締役本部長 佐藤悌二郎氏の著書を、
来年春に出させていただく予定があり、そのご挨拶を兼ねて
ご訪問させていただいたのだが、私が最も尊敬する、
偉大な経営者、松下電器産業(現パナソニック)の創業者である
松下幸之助氏の研究資料室にご案内いただいた。
3000にも及ぶ講演の記録と8000点以上の松下幸之助氏に関する
関連書籍の資料等、膨大な資料が保管されていた。
20年ほど前にも一度ご訪問させていただいたが、平成元年に
松下幸之助氏が亡くなった後も資料は確実に整備され、
さらに増えていっているとのことである。
松下幸之助氏の経営哲学を深く研究している佐藤悌二郎氏に、
「松下幸之助氏が経営者として大成功された最大の要因とは
何でしょうか?」と尋ねさせていただいたら以下の3点が
特に重要であると述べられた。
第一は、経営理念を組織の末端にまで浸透させ、そして
理念経営を徹底的に推進したことがまず第一番目の理由である。
これは松下幸之助氏が亡くなった後も延々と続いていくもので
あるということである。
国も学校も企業も人生もすべて経営であるという視点で捉え、
指導者はより良い価値観に人々を導き人々を物心共に
豊かな人生に導くことが経営の目的であるということだ。
二番目は”自然の法”に従い生きようと努められたということである。
”自然の法”に従い、何が正しいのか、原理原則ともいうべき
理に合った決断、判断、選択をしていかれるように常に努力された
ということである。
世の中には、ものの見方考え方が偏ったり、原則から外れた
考え方をする人が多いのも現実だが、松下幸之助氏はあくまでも
自然の原理原則に沿った意思決定が出来るように努められた
ということである。
一言でいえば合理ということなのだろう。
そして三番目は、人の中にある可能性を最大限に引き出すことが
できた方だということである。
創業間もない頃の松下電器は、決して良い人材が集まっていた
わけではないと。
これはどこの中小企業にも言えることであるが、その一人一人の
中に内在している可能性を最大限に引き出し、そして、その一人
一人の人達を育てることによって、会社を繁栄させていく能力を
松下幸之助翁はもっていらっしゃったということである。
そしてその根底にあるものは、深い人間愛に尽きるであろうと。
どうしたらこの人を成功させられるか」と、松下幸之助翁は
それを毎日、考えておられたということである。
人間に対する思いやりが最大の成功要因であるということを
再確認させていただいた。
そして、52歳の時には当時のお金で700万円以上のマイナスを
背負い、財閥解体の後、54歳までその動きが封じられ、
55歳から大きく会社を発展させ、そして84歳から松下政経塾を
お創りになり、94歳まで活動されたという。
1人の人間の一生ということを考えたときに、9歳で丁稚奉公から
始まり、ここまで本当に偉大な人生を送った松下幸之助翁を私は
心から尊敬申し上げる次第である。
私がこの世で最も尊敬する偉大な経営者の軌跡に触れることが
でき、本当に感謝の一日であった。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP