青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

晴天の霹靂

2006年09月1日

晴天の霹靂。
まさに晴天の霹靂である。
京都の着物たけうちが自己破産申請した。
ついこの間まで、飛ぶ鳥を落とす勢いで16年間、増収増益を積み上げてきた会社が、社会の風説や多重販売批判で倒産した。
竹内 實社長のことは分社経営の手法で、不況業種と言われていた着物業界において、確実に業績を伸ばしてこられた実績に敬意すら抱いていただけに、驚きと共に誠に残念なことである。
それにしても企業とはこれほど弱くもろい存在なのか、そして社会の中で環境適応していくことがいかに大切なことなのかを肝に銘じさせられる倒産劇である。
倒産には説明は要らない。
結論は終わりである。
分社経営の手法は間違っていたとは今でも思わないが、着物業界に対する社会の風評までは計算に入れることが出来なかったのだろう。
着物文化を大切にしていこうとする理念や、若い人を育てる分社経営の手法は間違っていなかっただけに残念でならない。
夢を持ち、真面目に働いてきた社員の方々にも、同情の気持ちで一杯である。
現時点では会社に裏切られたという気持ちを抱いていることだろう。
経営は情報化社会の到来で、ブランディング戦略からレプティション(評判、風評)戦略に明らかに移っている。
風評は虚だがこの風評が企業の存続まで決定する時代が来たということである。
情報化社会においては、「情報こそ企業の命運を握っている鍵である」ということを再確認しなければならない。
経営者は「会社の真の支配者は顧客である」ということを決して忘れてはならないということだ。
顧客第一主義の追求こそ企業存続の絶対条件であると私は考える。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP