青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

まむしを食べた

2008年02月21日

今日は大阪支社の近くの江戸菊という日本料理屋さんで、
弊社大阪支社長の梅澤君と食事をした。
今日の昼食はうなぎである。
080221_11_02.jpg 大阪では「まむし」という。
あまり美味しそうなネーミングではないが、今日は新・「頂点への道」の2日目。
まずは高蛋白質の「鰻」を食べてスタミナをつける。
肉はあまり食べないが最近「鰻」をよく食べる。
一昨年、人間ドックで尿酸値が高めと言われ、慌てて野菜中心の食事に入ったが
先日信頼のおける医者に「尿酸値は以外に遺伝的な要素が大きい」と言われ、
それなら大丈夫だろうと鰻を食べ始めた。
肉とか魚卵はなるべく避けるようにしているが、動物性淡白質も必要なので
鰻は食べるようにしている。
確かに体力はついた。
野菜だけでは元気が無くなったのは事実である???(解釈かな?)
会社の近くの「いなげや」もうまいが、江戸菊のうなぎも上質だった。
今日は夜、JPSA(日本プロスピーカー協会)の研究会と懇親会が有る。
鰻はビタミンBを豊富に含んでいると聞いて、体に良いと暗示をかけているところだ。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP