青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

全社会議での本気メッセージ

2011年11月30日

昨日、本社の全体会議にて、いつものように社員にメッセージする機会があった。

111129shacho.JPG毎週月曜日、全社員が集まるこの会議では、
私の経営者としての考え方を伝え、
皆にこの会社で働く意味や意義を感じて欲しいと思ってメッセージしている。

 

今回は、良い会社とは何であろうか?ということを
社員に問いかけた。

きっと、良い会社の定義は十人十色で様々な意見が
出るであろう。私が考える良い会社とは、
この会社で働いていて、悔いのない人生を生きることが出来たと言い切れる会社であるかどうかということである。

悔いがない状態とは、自分の求めるものに対して、十分なチャレンジをし、努力をし、
求めているものが得られているという状態である。

 

弊社の採用は、学生の求めているものと、
PA110626.JPG会社が目指している方向性について徹底的にマッチングを
図っている。だからこそ、この会社のフィールドを拡張し、
社員の夢を叶えることは、私の目指していることでもある。

 

良い会社にするために、私は「社長」としての
役割を果たしているに過ぎない。

皆ひとりひとり、価値があって、
一人ひとりがこの会社の主役だと考えている。

だからこそ、たくさん意見を出して欲しいし、
そこからどんどん改善もしていく。

 

良い会社を決める要素は主観的な評価と客観的な評価があると思う。

良い結婚と悪い結婚も主観的な評価と客観的な評価があると思う。

家柄やその他の要素がすべてベストであっても、最終的に本人同士が良いと思わない結婚は失敗であろう。

 就職活動も合い通じるものがある。人がなんと言おうと自分は良い就職が出来て満足していると考える人もいるだろうし、どんなに良い会社であっても自分が良い会社と思わなければその就職は失敗である。

いつも私が自問自答することは、今、社員が悔いのない
働き方ができているかということである。

今後も社員の物心両面の幸福を追求していく。

相手がどう考えるかではなく自分は何をしてあげたいかという視点で経済的にも精神的にも豊かになれる経営を唯、粛々と推進していくことしか私にはできない。

私を慕ってくれている社員や会社の事業内容にぞっこん惚れている社員にとって弊社は本当に価値のある企業である。しかしそのように考えない社員がいるとしたらその社員にとって弊社の社会的な役割や社会に与えている影響力などはあまり意味を成さないものに変化していく。

現実と事実は違う。

私は自分の選択を正解にする人生を生きて来た人間である。

現在、同じ志をもった真の同志と共に働けていることを
心から感謝している。

 

 

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP