青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

台湾屈指の実業家に学んだ成功する経営者の考え方

2019年05月22日

台湾屈指の実業家CMPグループの林 会長が
50年前に母親から教わったことを伺いました。

それは、
利益の30パーセントは内部留保、
30パーセントは株主に配当、
30パーセントは社員に分配、
残りの10パーセントは社会のために寄付。
ということです。

これを何十年も守り実行しておられます。
台湾屈指の経営者の実践と、私の実践は全く同じでした。

「三、三、三、一の方式」

余談ですが、20数年以上前に、ある会社に力になりたいと思い、
私もお金の苦労している時期だったが500万投資したことがあります。
当時の私の500万は今の私の経済力からすると、
少なくとも5000万以上の価値はある投資でした。

しかし、この会社から20年間一度も配当をもらったことがありません。
20数年無配当です。その経営者は当たり前ですが成功していません。

なぜならば20年間、自分の役員報酬はしっかりとっているが、
株主に配当無しの考え方を持つ人間だからです。

利益が出たら配当するという考え方は間違ってはいないのですが、
株主の期待に応え、少しでも利益を出して喜んでもらいたい
という真心がその経営者からは感じられないのです。

利益が出ないから配当できないのではなく、
考え方が貧しいので会社も発展しないし、
本人も苦しい人生を生きることになります。

その真逆で、台湾を代表する経営者は心が豊かでした。
根本に感謝と真心がありました。

偶然でしたが、
この「三、三、三と一の方式」は私が実践してきたことが同じでした。
若い経営者は、これを実践していくと良いと思う。

「真理に対して素直であること」。
これが一番大切なことだと思います。

松下幸之助翁は、
「正しいこととは、お客様にも社員にも取引先にも株主にも社会にも
そして自分にも良いことであり、それも今だけではなくこれから先も良いことである」
と仰っています。

何が正しいのか真理に対して素直になり目の前のお客様、
社員、社会に求められる経営をこれからも追求していこうと思います。
私はこれからも上手くいく原理原則を実践し続けていきます。

 

▼私の講演が収録されたCDをプレゼントしております。
https://contact.achievement.co.jp/aokisatoshi/contact/ppcd.html

Image [3]

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社7社を含めて、従業員210名体制へ。
著書は57冊、39万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP