青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

凧は風が吹いているときに上げる

2020年10月27日

昨日は2021年度入社の学生の内定式が行われれた。

DSC00330

1人1人がアチーブメントで何を成し遂げたいのかをプレゼンテーションしてくれた。数多ある企業の中で、アチーブメントを選んでくれたことに感謝している。毎年毎年、志の高い学生が入ってきてくれることで、アチーブメントは新しい風を取り込むことができ、イノベーションが起こる。特にこの時期、イノベーションを起こせない企業は、衰退の一途を辿ることになる。

2021年卒の内定者はコロナの状況もあり、これまでの研修はすべてオンラインで開催していた。なので内定者全員が集まったのは今日が初めてだったそうだ。実際に会社に来れていなくても、入社後に即戦力として活躍することを目指し、キャストプロジェクトに主体的に取り組んでくれている。

アチーブメントはコロナ化での採用活動をチャンスだと考え、2022年採用65名の内定出しを目標としている。現在はコロナ化で大手企業すら新卒採用を中止している。つまり、自社の魅力があり、優秀な人材から選ばれる企業体であれば、今まで以上に優秀な人材を採用できる可能性があるということだ。

例えば、凧あげを考えるとする。無風のときに必死に凧を上げようとするのと、風が吹いているときに努力して上げようとするの、どちらが報われるか。例えそれが逆風であったとしても、風が吹いている時に努力をしたほうが報われる。自社にとって、コロナは無風状態なのか、風が吹いている状態なのか。間違いなく風が吹いている状態です。事実、コロナ化で時流を捉え、成長している企業は多く存在している。柔軟な思考と、即実行することができれば、いくらでもビジネスは拡張していく。

事実は1つ解釈は無数。コロナは変えられない。過去も変えられない。もし今現在、コントロールできない要因に目を向け、被害者になっているとしたら、すぐに考え方を変える必要がある。ものの考え方がその人の人生の質を決めている。肯定的に物事を捉え、どうしたら実現するのかを考えるべきである。共に今吹いている風を効果的に活用し、飛躍するときにしよう。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、従業員220名体制へ。
著書は59冊、41万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP