青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

F1を見て感じたこと

2007年06月11日

世界で一番リスクの高いスポーツはF1だろう。
昨日もカナダで開催された。
“良いスタートは半ば成功したも同じ”という格言があるが、F1にも通じる。
予選でよいポジションを取ったパイロットが昨日も優勝した。
記録を出す選手は第一コーナーで一番最後に赤ランプをつける。
すなわち最後の最後までブレーキを踏まない。
限界ギリギリのところでコーナーを切る。
勝利は恐怖心の克服と車をコントロールする最高の技術の結晶といえる。
もちろん運もある。
運が悪ければ周りの車の事故にも巻き込まれる。
また良いメカニックや車自体の性能にも左右されるのは当然だ。
会社経営も同じだ。
ベストの商品×最強の営業力(マーケティング)×経営管理能力(財務、人事、総務、企画、業務等)の積によって業績は決まる。
攻めと守りの強化が経営を決める。
攻める時に実力以上のことをすると必ずこける。
F1では壁に激突して大怪我をするが、経営も一つ間違えば倒産だ。
企業経営の舵取りは難しいが、分際、分限を知り限界に挑戦して最高の業績を生み出す、
やりがいのある仕事である。
何事もリスクとサクセスは背中合わせというところか。
リスクを押さえ込む能力が真の実力だろう。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP