青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

ある粉挽き小屋の男の話

2016年11月23日

面白い話がある。

昔、ある所に親が残してくれた粉挽き小屋で働いていたある男がいた。

年老いた両親、配偶者、小学生の子ども3人の家族6人と、
親の代から働いてくれている年老いた使用人の主人である。

先代が残してくれた粉挽き小屋で仕事をし、
物心共に安定した良い人生を過ごしていたが、この男はある時ふと、
この粉挽き小屋の臼が粉をひく臼の動力に興味が出て、
何故この臼は回っているかというと、水車が回っているらだと気づいて、
この水車は何故回っているかと考え出し、
それは水の力で、水路から水を引き水車でこれを回していると理解した。

更に、この水はどこから流れて来ているのか?と興味が出て、川の研究を始め、
そしてこの川の源はどこかと更にその源の研究を始め、その研究が面白くなり、
仕事が手につかず、家族も養えなくなり、使用人も雇用が続けられなくなり、
貧乏になって、子どもたちも働いてお金を家に入れなければならない環境になり、
月日が流れてこの男が年老いて病気で死ぬ時に、
何故自分はこんな人生になったのか?しきりに反省したという話である。

これを愚か者の人生という。

身近な家族に対する責任を忘れ、雇用人の生活を守ることを忘れ、
先代から受け継いだ財産を子どもたちに継承することを忘れ、
地域の人々に貢献する役割を忘れた愚か者である。

やりたいことにうつつを抜かし、豊かになれないダメな人間はこの世に山ほどいる。

何故人は責任を全うせず、したいことをするのか?これは興味深い話だ。

私にはその答えはわかっている。

img_4

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP