青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

人間の能力の差

2017年09月29日

人間の能力の差とは何なのでしょうか。

私はそれは「理解力の差」であると考えています。

理解力の差はどこからくるのか。
それは、まず知るというレベルでの情報量の差だと思います。
つまり、伸びない人は勉強していない。
本を読まない。自己啓発もしていない。

人はなぜ勉強しないのでしょうか。
シンプルにそれは求めていないからだと思います。
つまり人生の目的が分かっていないのです。
能力が高く、成功の人生を歩んでいる人は、
人生の目的について深く考えている人が大半です。

理解力を高めるためには、まず、多くの情報を脳にインプット
する必要があります。情報がなければ、理解もできないからです。
情報が入っていない人はルールも分からないし、
理解ができていないのでミスばっかりするわけです。
ただむやみやたらに情報を得るのではありません。
目的にそって情報を選択することが重要です。

次に、問題解決の場数を踏むことで、理解力が高まることがあります。
苦しみに直面しながらも逃げずに問題解決に取り組むことで、
問題解決力が身に付きます。人は経験を積めば積むほど、
今起きている状況を様々な観点から理解することができるようになります。

自分の理解力がどの程度なのか、客観的に自分を
見つめることで、多くの気付きを得ることができます。
自分の理想と現実にギャップがある場合には、
この観点に着目するのも非常に有効であると考えています。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP