青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

伊那食品工業株式会社に訪問した

2015年06月11日

アチーブメント経営実践塾を出た経営者の学びのサークルである
クオリティカンパニー倶楽部の企画で、
かんてんぱぱで有名な伊那食品工業株式会社を訪ねました。
代表取締役会長 塚越 寛氏のご講演を拝聴させて頂いております。

77歳の塚越 寛会長のメッセージには実績に裏づけられた力があります。


社是は「いい会社をつくりましょう」

利益は目的ではなく人を幸せにする為の手段である。

売り上げも目的ではなく、あくまでも手段である。

全ては社員を幸せにする為に働く。

社員を幸せにし、お客様を幸せにし、幸せな社会づくりに貢献する。

その為には社員が内発的、自発的に喜んで働く仕組みと環境をつくることである。

社員は誰の為に働くのか?
社員は何の為に働くのか?

この答えを追求し、それを充たすことが事業繁栄の答えである。
皆んなが幸せになれれば良い。
それが本質的目的である。

会社の経営目的は「幸せな人をふやす」ことである。

資本主義の中で上場の仕組みが悪い。
上場を会社を儲ける為におこなっていることに問題がある。

「利他をしなさい」ということが宗教の究極の教えである

人に感謝されること

我利は人間は生まれながらに備わったものである

社員に感謝されると気持ちいい。

いつでも右肩あがりで良くなっていくことが大切。

たった一度の人生だから納得のいく人生を生きること

財産を残すのではなく徳を残すことが大切である。

信用、良いイメージを残すこと。

上場企業の経営者は自分の代でどれだけの実績を残せるかが重要。

年輪的成長を目指す。

永続する会社をつくる

目先の利益ではなく社員を大切にする。
お客様に貢献すること。
社会に貢献すること。

遠くを図るものは富、目先の得を得ようとするものは貧である。

自発型社員の育成が重要。

いい会社が永続する会社である。

塚越会長ありがとうございました。伊那食品1
 

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP