青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

責任について

2011年07月12日

_DSC8513.JPG

ハワイから日曜日に日本に戻り、
昨日は、社内で終日会議であった。
いつも月曜日は全体会議で社員に向けてのメッセージを
行うため、昨日もいつもと同様に自身の思いをメッセージした。
アチーブメントが創業されて今まで早くも24年の月日が過ぎたが、何があってもいつも変わらないことは、
私たちの創業からの変わらぬ思いである。
「すべての個人と組織に目標達成の歓びを届けたい」と
私たちは創業当時から変わらず思い続け、
今でも世界最高峰の人財教育コンサルティング会社を目指している。
皆さんに目標達成の歓びを知っていただくために、
私自身、経営者としての責任を果たそうと、日々襟を正し歩んでいる次第である。
常に、より上質の情報を皆様にお伝えしたいという
そういう思いから人財教育コンサルティングという分野に特化し、私自身も研究を進めてきた。
企業理念「上質の追求
「わが社は、選択理論を元にした高品質の人財教育を通して、
顧客の成果の創造に貢献し、全社員の物心両面の幸福の追求と
社会の平和と繁栄に寄与する。」
こう、企業理念に定めている。
 
今まで様々な能力開発を研究してきて、
その中で人間関係を向上でき、人を成功に導く
ための有効な心理学だと確信できたものが、選択理論心理学である。
この選択理論を基にしたカウンセリング手法であるリアリティーセラピーには責任という概念がある。
責任とは「他人の欲求充足を妨げずに、自分の欲求を充足すること」と学んだ。
 
つまり、相手方の求めることを妨げて、自身の欲求を
追求してはいけないのである。これは個人の生き方としてだけではなく組織のあり方にも言えることである。
 
組織は、従業員の欲求充足を十分に目指す責任があるのと同時に、
従業員は、組織の求める経営目標の達成を成し遂げることが
役割であり、自身の欲求充足ばかりを求めてはならないのである。
 
お互いに支えあい、相手の願望を叶えるために貢献する。
それが、人間関係にも、組織と人間の関係にも言えることである。
Lose Winは存在しない。組織も従業員もWin Winをとことん目指すのが
経営の目指すところであろう。
 
私も常にどうしたら社員を幸せにできるかを
追求して考えている。
 
彼らの成長を支援し、この組織において自己実現できる
仕組みを模索し、クオリティカンパニーを今後も目指していこうと思う。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP