青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

全体会議でのメッセージ 「段取り良く仕事を進めるポイント」

2012年07月12日

先日の全社会議では、社員に「想像力をつけること」をメッセージした。
IMG_1865trim.JPG
現在アチーブメントは人事制度改革の取り組みを
全社で進めている。
中心テーマは、いかに業務時間を圧縮しながら、
同じクォリティの仕事をするかということである。
そのために大事なことは「段取り」だ。
段取り八分とはよく言われることだが、成果を出せる人や社内で信頼の置かれる人は
事前対応がきちんとできる人間である。
直前にバタバタと焦っている人は、忙しく働いているようで
実際のパフォーマンスは高くない。
IBMの文化には「THINK」というものがある。
第1回日本でいちばん大切にしたい会社大賞の中小企業長官賞を受賞した
未来工業も企業理念に「常に考える」を掲げている。
どうしたらもっとうまくいくか。
どうしたら失敗の確率を減らせるか。
これを予め考えられる力が「想像力」である。
もちろん、現場では想像の範疇を超えた想定外のことも起こるものである。
しかし、事前の準備がしっかりしていれば、対応しきれないことはほとんどない。
事前準備をした上での失敗は次回に生かせる良い失敗である。
逆に、事前準備なく失敗したものは、あまりその人の力にはならない。
弊社の社員にも「考える」癖をつけて欲しいと思っている。
答えは頭の中にある。
「何をしたら良いのかわからない」状態が一番もったいない。
何が正しい選択かを考え、「何をしたらうまくいくのか」を明確にしておけば、
必ず良い結果が出る。
自分なりに頭を使い、下準備をしたならば、
あとは段取り良く仕事を進めるためのポイントはシンプルに、ただ1つである。
「成果に対して機敏に行動が取れること」
何をすれば良いのかわかっているならば、
「後でいいや」ではなく「今やっておこう」で行動する。
何をすれば良いのかわからないとしたら、誰かに聞いたり、相談したり、
問題解決のために行動を起こせば良いのである。
時間は人間の最も貴重な資源である。
それをいかに密度濃く使えるか、
弊社でも全社一丸となってチャレンジしているところである。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP