青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

組織人として生きる価値

2021年06月10日

いつかは私も老いる時がくる。
次の経営者にバトンタッチをして退く時が来る。
その時までに、なんとしても業界No.1の賃金体質を確立することを
一つの経営指標として目指している。

全社員の物心両面の幸福の追求を企業理念として掲げたからには、
絶対に実現していくと決めている。

それを作り出すものは「顧客への貢献」である。
顧客への貢献にこだわり続けて、創業して34年間会社を存続させてきた。
私が新卒学生向けのトップライブでメッセージをしてきたこともずっと変わっていない。
ずっと追求してきたもの、ずっと大切にしてきたもの、
私の場合、それは「真心」である。

「社長は言っていることが変わった」「やっていることが変わった」
「採用の時にはあんな良いことを言っていたのに、やっていることは全然違った」
我が社の社員でそう感じている人はいないと思う。

来年度からは、新卒の初任給を30万円に上げることにした。
でもそれは会社の先輩たちが頑張ってきた「結晶」であることを忘れてはいけない。
組織の信用があるから、一人ひとりの成長があるから、会社が成長してきた。

かつて、入社1年目社員だった橋本拓也がNHK番組の取材で「自分は歯車でいい」と言い切った。
「自分は、大きな志を全うするための歯車でありたい」と。
それが組織人の真髄だと思う。
そしていまや橋本は、我が社で押しも押されもせぬ東日本の営業責任者という大きな歯車に成長した。

私だって同じ。この組織の歯車の一つである。
社員には、この組織で働けること、属していること、そこに誇りを持って働いてほしい。
この会社は不動であり不滅。だから、思いっきり黄金律に生きてほしい。
「何事も人々にしてほしいと思う通りのことを、他の人々にもそのようにせよ」。
ここに生きてほしい。

自分の成功は人々への奉仕のためにあると私は思う。
社員にもそんな心構えと志を持って働き、ともに良い人生を生きていきたいと思う。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、43万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP