青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

成功へのモチベーション

2007年11月19日

私が一番心躍ることは成功に関する研究である。
「成功とは目的を遂げること」と辞書にはある。
ノア・ウェブスターは「成功とは探し求めた目標の満足ゆく達成である」と定義した。
古今東西、長年に亘って成功の研究はなされてきた。
成功の原理原則や成功の法則等の書籍も、書店の自己啓発コーナーでは人気である。
何故、私は成功に関してそれほど興味や関心を抱くようになったのか?
それは私の育った家庭環境にあると思う。
貧しさや寂しさや様ざまな思いの中で、苦痛感情から逃れたいという
強い気持ちが育って、どうしたらそのような苦痛感情から逃れられるか
というところから成功に関する強い思いが育ったと思う。
見方を変えればコンプレックスや苦しみの環境も、人々の知恵の創造や
経済的繁栄に有益だということだ。
私が早くから社会に出たという事実は変えられない。
両親が養子、養女であったことも変えられない事実だ。
私が3歳の頃両親は離婚した。
これも事実だ。
小学校は4回転校した。
新聞少年だった。
虐めや差別に苦しみ悲しんだ。
怒った。叫んだ。今に見ていろ!そう思ってあがき苦しんだ。
その環境から逃れるために上京してきた。
17歳の春、
まったくゼロからスタートした私の人生。
何にも無かった。金も信用も後ろ盾も学歴も何にも無かった。
小銭とフウテンバック一つ引き下げて北海道の函館から東京に来た。
今から35年前。
愛も解らず、成功なんかまったく無縁の私だった。
成功体験も成功の本も読んだことの無い17歳の私だった。
とにかく良くなりたい。金持ちになりたい。成り上がりたい。
悔しさや悲しさ一杯のはち切れんばかりの叫びの心を持って、
35年前に青木仁志丸は社会の大海原に出航した。
今、まだ就航目的地に向かって航海中だ。
たった一人で、筏でスタートした航海も、気が付けば家族もでき、
80名ほどの社員も一緒に船に乗り込んできてくれている。
一度の人生、二度無い人生悔いなく生きて行きたい。
本気で生きるのも人生、適当に生きるのも人生、どんな人生を生きるかはその人の選択だ。
人生は選択だ。
私はもっと良くなる。
こんなもんじゃない。
50代になっても、まだまだこれからと思っている。
自分の年齢も意識することは無い。
心は20代だ。
「青春とは人生のある期間をいうのではなく心の様相をいう」とサミュエルウィルマンは言った。
確かに私は万年青年だろう。
これから還暦を目指して日本一の能力開発コンサルタントを目指す。
会社も40期までに日本一の人材教育コンサルティング会社を目指す。
成功は選択の結果だ。
もっと多くの人に人生の見通しを与えられる会社にしたい。
成功の研究をしてもっと多くの方を物心共に豊かにしたい。
もっともっと努力して人生の幕を閉じる時、”成功の人生を送ることができた”といえる
人生を生きて行きたい。
それが私の生き方だ。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP