青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

自由を得る秘訣

2008年01月29日

「夜と霧」の著者で心理学者のヴィクトール・E・フランクルは「人間の自由とは、
諸条件からの自由でなく、それらの諸条件に対して、自分のあり方を決める自由である

と言っている。この言葉は意味深い言葉である。
今の社会は2分2秒に一組離婚し、年間に3万2千人を超える自殺者が出ている。
これは不自由な状況から開放されたいと思って、人が最善の選択と考え行動した結果である。
企業に勤めていても気が合わない上司や、無理難題を言ってくるクライアントや、
生産性の低い部下の存在など、脳の外側の世界は何一つコントロールできるものは無い。
ここがポイントである。
私たちがコントロールできる唯一のものは自分の思考と行為だけである。
私は今、「自由」を得ている。
人から見れば多くの仕事に忙殺されるように見えているかも知れないが心は自由だ。
私は私の人生に全責任を持っている。
自然界に起こる現象以外は全て私たちの選択の結果であると捉えて、
自分の選択に全責任を持つことによって自分の人生はコントロールが拡張する。
人生は
1)自分ではコントロールできると思ってコントロールできないこと。
2)自分ではコントロールできると思ってコントロールしていないこと。
3)自分ではコントロールできると思ってコントロールできること。
4)自分ではコントロールできないと思ってコントロールできること。
5)自分ではコントロールできないと思ってコントロールできないこと。
に分けられる。
自分の思考と行為は全てコントロールできるものだ、
ゆえにその人の選択の全責任はその人にある。
よく「こうなったのは誰々のせい」という人がいるが、その心には自由は無い。
私は自分の心をコントロールし全責任を持ち気分良く生きている。
まさに人生はセルフコントロールである。
完璧、完全の罠から脱却し、常に最善を尽くせる生き方を選択していこう。
人間は不完全な存在であると自覚するから、人を責めることなく、人と力を合わせて、
共に補い合いながら生きていけるのではないだろうか。
愛が動く時に不可能は可能に
人生の中心に愛を置き、自分と人を赦し、唯、将来の目標に向かって、
日々コントロールできることに集中して何事にも感謝して、「信仰」と「希望」と「愛」を持って
生きていくことが、人生で自由を得る秘訣だと考えている。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP