青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

人生の目的

2008年08月26日

人生の目的とは何か?
究極の答えは“人を愛すること”であるとバイブルは教えている。
愛されることではない。
愛することである。
一方的な愛に生きていける人は幸いである。
私たちは一方的な与える愛だけでは満足できない存在である。
親はわが子に対して一方的な愛を注ぐものだ。
だんだん子が成長するにつれて様々な衝突が起こってくる。
自分の願望を相手に押し付けることによって、様々な人間関係の問題が生まれてくる。
人を変えようとすることは効果のない行為である。
他人と過去は変えられない。
自分と未来は変えられる。
自分と未来をコントロールしていくことが私の研究しているアチーブメントテクノロジーの本質である。
自分の思考と行為をコントロールし、自分の夢を実現していく生き方の技術を伝えたい。
私は早く社会に出た。
何にもなかった若かりし頃。
ただ夢と時間だけが私の資本だった。
夢を持ち、未来に向かって走り抜いてきた。
人の力を借り、自分の未来を切り開いてきた。
人生は自分の心構え次第でいくらでも開かれるものである。
弊社の最高顧問のウィリアム・グラッサー博士の言葉を借りれば、
「人は確かに過去の産物ではあるが自らが選択しない限り決して過去の犠牲者になることはない」ということである。
志を高く掲げ自分の信じる道を歩んでいこう。
今、私には多くの仲間がいる。
多くの同志がいる。
愛を持ってこの社会からいじめや差別を無くすべく選択理論を広めていこう。
選択理論は使ってはいけない7つの大罪として
1) 批判する
2) 責める
3) 文句を言う
4) ガミガミ言う
5) 脅す
6) 罰を与える
7) 目先の褒美で釣る
をあげているが、どれも愛を破壊してしまうものである。
私の中には、何が何でも実現したい強い願望があり、この願望と他の人との人間関係の間で、
常にどちらを優先していくか、ということで葛藤が起こる。
成果をとるか人間関係をとるか?
答えは明解である。
人間関係を尊重し、成果を創り出すことである。
どちらか一つではない両方得る選択があるということだ。
今後、常に愛を土台にした生き方を追求しよう。
人生の目的は人を愛することにある。
そう思えると心が楽になる
人生は選択である。
今日も愛を選択できる人生を生きていこう。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP