青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

大阪研修「頂点への道」講座開催

2011年01月29日


画像 116.jpg木曜から、第515期戦略的目標達成プログラム

大阪にて開催されている。
今回は222名の方が参加してくださり、初日から皆さんと一体となる素晴らしいスタートを切ることができた。
皆さん、真剣に課題に取り組んでくださり、
昨晩も遅くまで宿題をやっていてくださったことと思う。
皆さんのその学ぶ姿勢と、心意気の高さに毎度のことながら感銘を受ける。
私は、このコースやコンサルティングを通じて、
お客様を変えようとは1%も思っていない。
そもそも、人が人を変えることはできないということは重々承知しているし、
そのような驕った気持ちは外的コントロール的な発想である。
人間というものは自己を中心において、自分の視点で周りを見てしまう。
周りの人間を強引に変え、自分に合わさせる。
無意識にそうしてしまう、それが私たち人の「性」なのではないだろうか。
実は私も、人の言うことなんかに耳を貸さない、
まったくの自己中心的な歩みをしていた時代があった。
昔の私は驕っていた。
『自分でできる。一人でできる。誰の力も借りなくて良い。』
 
そのように信じて自分の正しさだけを主張し、日々歩んでいた。
 
もう昔の話だが、若い頃に立ち上げた会社の経営が
立ち行かなくなり、当時の私は変わっていった。
 
美味しいものも食べられず、好きな服も着られず、暖かい部屋にも寝られず、
『やっと貧しい幼少時代から抜け出したと思ったらまたこれだ・・・』
そう思うと、とても悲しくなった。
 
しかし、その経験で心が砕かれたと同時に、
この世の中で「自分には価値がある」と思えること、
つまり自己承認、自己重要感の必要性を心底感じた。
それから私は変わった。
この経験が、私の目を開かせてくれた。
最初は、負けん気根性だったかもしれないが、
確実に私は変わっていった。
世の中にはいろんな人がいる。
本当に「現状のままでいい」と思っている人はそれでいいだろう。
しかし、「変わりたい」と思っている人は、
どんな人、どんな環境であっても人は変われる。
そう私は考えている。
私が法政大学大学院客員教授になったと母に報告した時、
「あんた本当に仁志かい?」と母から言われた。
何でも人のせいにして、自己中心的に歩んでいた私が変わることができたのも、
あのどん底を味わった体験、そしてその後の学びのおかげであると確信している。
これも、「万事は益となる」という言葉そのものである。
これまでのすべてのことに感謝し、
今日の研修に最善を尽くそう。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は55冊、36万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP