青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

辛抱する木に花が咲く

2011年11月10日

今回、入社11年目の中野銀次郎君と
NKN1.JPG弊社の子会社であるアチーブメントダイニング株式会社の経営する高輪台フェリーチェで昼食を共にする機会があった。

彼は長年のキャリアを活かして現在トレーナーとして
活躍している。

 中野銀次郎君は、もともとスキーのモーグルという競技で、
全日本のチャンピオンとなり、
全日本のコーチも担当していたというキャリアの持ち主で、全日本スキー連盟においては、かなり著名な存在である。
スキー雑誌のスキージャーナルや他のスキー専門誌にも取り上げられ、日本のモーグル界の草分け的な存在といっても良い人物である。

 

彼と私は11年前に出会い、弊社に入社を決意してくれたが、
当時のアチーブメントは社員20名程度の小さな会社であった。そのような小さな会社に彼は入社して来てくれた。

営業、総務、経理など様々な部署を経験し、
それこそ決算のときには三日三晩徹夜して仕事を終わらせるなど、
中野銀次郎君は、アチーブメントという会社にとって、
なくてはならない存在として、会社を支えてくれた人物である。

 

その彼が、トレーナーとして第一線で活躍していることは、
NKN2.jpg仲間みんなの喜びである。
もともと、彼がここまで色々な葛藤を経験しながらも
その葛藤を乗り越え、継続し、トレーナーになるという目標を達成できた秘訣はどこにあるのか。

先日昼食を一緒にとりながらいろいろ話をしてみたが、
その中で気づいたのが、彼自身の自分に対する高い自己概念である。

 

“自分はできるという思い込み”が彼の目標達成の本質にある力であった。
過去スキーの全日本のチャンピオンになり、
モーグルという分野のスペシャリストとして、
自分の人生を切り開いてきたという実体験は彼の大きな財産であった。

 そして、もっと遡ると、
彼の曽祖父が中野金次郎という名で日本通運の
創業者お一人であり、彼の父も素晴らしい教育を受けた、
高い自己概念の持ち主であったということである。 

彼自身もしっかりとした教育を受け、
その高い自己概念ゆえに、スキーの道で
プロの道に入ったということである。
そのキャリアを聞いて、私は彼を支えているのは、
自分に対する自信、つまり、「できる」という
親から受け継いだ思い込みであると思った。

 

自分という人間に対して、最後の最後まで
信じていけるそういう強さが彼の中にあるということを
今回再確認することができた。

そして、スポーツの分野でも、
彼が言ったことだが、モーグルの世界でも”もうちょっと”辛抱すれば、
大きな花を咲かすことができるのに、小さな怪我で挫折をしたり、
人間関係で挫折をしたり、結果的に自分の可能性を
大きく開花できずに終わってしまう仲間が
たくさんいたということである。

 

最後の最後は、やはりまさに辛抱する木に花が咲くのである。
自分自身トレーナーになりたいという思いをもって、
そして、その思いにむかって着実に努力し続けてきた
中野くんに本当にこれから、大きく期待をしている。

 

先日行われた、弊社顧問の阿部洋己先生と、
友人でもある株式会社フォーバルの大久保秀夫会長の
出版記念パーティーで、現在のキリンビバレッジの前田仁社長が
おっしゃっていたことを中野君と話しながら思い出した。

 

前田社長の言葉で、
今やっていることに幸せを感じられる人生が幸せな人生である
という言葉があった。これはとても深い一言である。
そしてさらに、「与えられた仕事を楽しむことが大切である」
ともおっしゃった。

 

与えられたことを完遂すること。
ここに組織人としての成功者の姿があるのである。

 

自分のしたいこと、自分のやりたいことだけにフォーカスし、
葛藤の中でだめになっていく若い人が多い中、
自分でも気がついていない良いところを
上の人は見てくれているかもしれない。
だから、組織人として上司からの期待に応えられるように
与えられた仕事を全うしていく。
このことが大切だと前田さんはおっしゃった。
与えられた仕事をやりきって人は成長するのである

 私自身もまったく同感であった。
中野くんのキャリアを振り返ってみると、
華やかではないかも知れないが、堅実で地道なキャリアであり、
一歩ずつ着実に会社と共に発展していくキャリアであった。

 

そして家族を守り、仲間を守り、
自分に縁あるお客様に対して誠実さを突き通していく。

そんな人生こそ、ビジネスマンとして立派な
生涯であると私自身確信をもった次第である。

 

今後の彼の更なる飛躍に期待したい。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP