青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

信念と我は紙一重

2019年02月12日

伸びる人、伸び悩む人の差はどこにあるのか?

「やるべきことをきちんとできない人」

これは習慣なので一つの癖と考えて良い。習慣である。

チームで決めたことを実行しない時は説明責任をチームメンバーは持たせた方が良い。
そうしないとチームは機能しなくなる。

過去離職した人間の中には伸び悩んだ人間もいるが、その最大の原因は「我の強さ」に原因があるかもしれない。
我の強い人間は川の流れにも逆らって溺れる。
流れを読み切れないので無謀な努力をすることもある。

素直な心で、衆知を集め、
皆んなの力を結集すれば、不可能は可能に変わる。
会社の経営方針や会社のルールはいわば川の流れである。

規則、規律、規準を大切にすることによって組織は発展するものだ。
昔、私は最もチームワークが苦手な人間の1人だったがリーダーとしてこのことを克服して来た。

「信念と我は紙一重」である。
その差は本当の意味での「成果へのこだわり」の差かもしれない。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社7社を含めて、従業員180名体制へ。
著書は57冊、39万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP