青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

オリンピックでの日本選手の活躍から感じたこと

2021年08月10日

オリンピックが幕を閉じた。
日本選手の結果速報を耳にするたびに、それぞれの選手が育った環境に思いを馳せた。


兄弟で金メダリストを取った、阿部一二三・阿部詩兄妹。
スケートボード男子ストリートで金メダルを獲得した堀米雄斗選手。


堀米選手は競技開始5分前にトリックが閃いたと言っていたが
毎日毎日考え抜き、追求してきたからこそ、閃きが生まれたのだと思う。

自宅にもスケートボードコースがあるそうだ。
相当の投資をされてきたのだろう。
親御さんにお会いして、どのような子育てをされてきたのか、話を伺ってみたいと思った。


きっと子どもたちのことを、否定はしてこなかっただろう。
「そこまで好きなら、とことんやったらいい」と
支援してきたと思う。


子どもの可能性を信じて、とことん支援をする。
彼らの親御さんたちはその姿勢を貫いてきたのだと思う。

「あなたはできる、必ずできる」

親が最も、この世で子どもの可能性を信じている存在で居続けること。
このことがどれだけ、子どもたちにとって良い影響を与えるかは計り知れない。

相手が子どもに限らず、部下やメンバー、配偶者に対しても
その姿勢を貫くことが重要だと思う。

ある研究では
会社で活躍する人材とそうでない人材を分ける要因は
入社後の最初の上司が優秀であることが最も影響を与える
というデータがある。


アチーブメントでは、選択理論心理学をすべての基礎理論としていて
選択理論的関りのできない人は昇進昇格をしない。

上司が部下の宇宙一の理解者になっているか?
最も可能性を信じているか?


部下の人生に大きな影響を与える。
経営者は社内を選択理論的な文化にしていただきたいと強く願っている。


人と組織を巻き込んで、目標達成するための原理原則をお伝えする無料講演会はこちら

人と組織を巻き込んで、目標達成するための原理原則をお伝えする無料講演会はこちら

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ会社4社・従業員200名体制へ。著書は61冊、43万名以上への研修と、5,000名を超える中小企業経営者教育に従事している。専門分野は理念経営、理念浸透、人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化など。近年では国内外の大学での講義も多数担当し、その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP