青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

仕事を愛すること

2010年01月12日

“仕事を愛すること”の重要性を最近強く感じている。
私は選択理論心理学を学び、「内発的動機付け」を意識した関わりを常にするよう心掛けている。
人は外側からの刺激に反応して行動するのではなく、
内側からの動機付けによって行動する、という考え方である。
それゆえに、常に仕事の現場から強制を排除し、
自発的に行動がとれるように職場環境の整備を心がけている。
企業にはいろいろな企業文化があるが、個人主義的価値観の強い企業文化と全体主義的価値観の行きとどいた企業文化の会社では社員の行動の選択に差が出る。
個人主義的文化の企業では、社員一人一人が利己的な行動や個人主義的な行動をとるので、企業全体の生産性を最大限に発揮することはできなくなってしまうのは自明の理である。
個人では成し得ない「大業」を目指すのが企業組織である。
だからこそ社員はそれぞれ、与えられた職務、役割に徹する必要がある。
職務や役割を強制的にさせるのではなく、いかに自発的に行うことができるように導けるかが、指導力開発の大きなテーマであると考えている。
当たり前のことを、特別に熱心に、しかも徹底的にやり続けること
が成功の極意だが、この「当たり前のことを当たり前に実行すること」はけっして簡単なことではない。
新しい知識も重要だが「当たり前のことを当たり前に実行すること」はそれ以上に重要だ。
しかし、「当たり前のことを当たり前に実行すること」が大切だとわかっていても、大半の人は実行しなかったり、悩み、苦しみを選択することを見受けることが多々ある。
私個人としては、仕事に対する考え方として、
3つの考え方があると思っている。
1つは「楽して儲けたい。」というもので、多くの人々が持っている考え方だろう。
もう1つが「楽したいとは思わなくとも、代価と報酬のバランスを取りたい。」というものであり、
最後が「お金の問題ではなく、自分のプライドにかけて最善、最高、最良の仕事をする。」
という”仕事を愛する”レベルである。
この”仕事を愛する”という考え方からこだわりが生まれ、
質の高い仕事ができるようになる。
そういう人間は当然のことながら、組織の中でも上にあがっていく。
この心の姿勢が変わらない限りは、
会社や仕事が変わったとしても、
質の高い仕事ができるようにはならないだろう

鉄は放っておけば錆びる。
人間も同じで、何もしなければ錆びてしまう。
努力なしには現状維持さえもできないのだ。
まずは自分に与えられた職務に感謝し、
徹底的にその仕事に尽くすことが大切である。
私にできることは、
社員に「仕事を愛せ!」と強制することではない。
あくまでも仕事をしやすい環境を整えることや、
一人ひとりの願望の明確化を手助けすることしかない。
弊社の社員たちは、
時に悩むことはあっても、
企業理念の具現化を共に目指し、
真剣に仕事を愛してくれていると信じている。
仕事を愛せる人間だけが成功者の人生を送れる」と強く思う。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP