青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

先週、第539期「頂点への道講座」スタンダードコースが終了した

2012年02月10日

 
先週「頂点への道」講座 スタンダードコースの
IMG_0942.jpg
第539期を無事に終了することができた。
 
3日間、現場を止めて足を運んでいただいた受講生の皆さま、
アシスタントの皆さま、そして弊社スタッフに改めて感謝を表したい。
コース中は立ちっぱなしで、
全身全霊の力を込めてメッセージしているので、
コース終了後には全力でスポーツを行った後のような状態になる。
しかし、コースを無事に終えられたことへの感謝や、
お客様の人生の質の向上に少しでも貢献させていただけたことへの充実感、
ベストを尽くすことができた自分への承認を含めて、
私にとってはとても心地よい疲労感である。
この充実感に満ちた疲労感を感じるたびに、
改めて能力開発トレーナーという仕事は
天職として与えられたものだと思う。
様々面で貧しい家庭環境で育ち早くその環境から脱却したくて、十代でプロセールスの世界に入り、
能力開発に魅了され40年を迎えようとしている。
そんな私が伝えられることは、
ただただ必死に前を向いて目指し続けてきた志と、
私が色々な人から教わりながら、
実際に多くの試行錯誤を繰り返し体得してきた思考と行為を一致させる技術だけである。
IMG_0944.jpg
何もなかった自分が、聖書と出逢い神の愛を知り、生きる目的を与えられ、
こうして日々充実して過ごせるまでになった。
土台に愛が置かれたことは大きい。
 
その上に人生の各分野、(健康生活面、家族家庭生活面、職業生活面、経済蓄財面、趣味、レジャー、教養面)の目標を設定し段階を追って実現していく。
この技術を、ひとりでも多くの人に伝え、ひとりでも多くの人に
より良い人生を歩んでいただきたいと願っている。
世の中には多くの問題がある。
弊社最高顧問であり、選択理論の提唱者であるウィリアム・グラッサー博士は、
産業革命以降、科学技術は革新的に進歩したが、人間関係は逆に悪化の傾向にある。
それは間違った心理学を基に関係を確立しようとしているからであるとおっしゃっている。
私もそのとおりだと思う。
受講生の皆さまには、愛に満たされた物心ともに豊かな素晴らしい人生を手に入れて頂きたい。
IMG_2656.jpg
そして、アチーブメントテクノロジーと選択理論を、
まだ知らない人に分かち合ってもらいたい。
 
そのことが、世の中から人間関係の問題をなくし、
いじめ・差別のない明るい社会の実現に一歩でも近づくことになると信じてこれからもこの研修を継続していく。
今回のコースでは、プロスピーカーでもある
小林有子さんが見事、3年で6回の受講を達成された。
ぜひ、今後も学びを実践し地域社会に貢献していただきたいと願っている。
また、現場を止めて受講生に貢献してくださった
浅岡伸江さん
麻生泰さん
石井竜馬さん
大東豊美さん
金井 美津帆さん
古村 智子さん
篠原 毅さん
霍田 陽子さん
畑中 浩介さん
早瀬 徹さん
山内 誠治さん
山田 俊哉さん
以上、12名のアシスタントの方に改めて感謝を表し、
本日のブログとする。
IMG_2654_240.jpg

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役社長
アチーブメントグループ
代表
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、現在では140名体制へ。
著書は51冊、35万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
無料CDプレゼント 特別無料説明会 達成力を高める5つのステップ LINE@ 友達追加 全国講演スケジュール 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP