青木仁志の社長日誌青木仁志の社長日誌

ワタミ株式会社 会長兼CEO渡邉美樹さんと対談をしました

2020年09月15日

昨日は、2つ嬉しい出来事がありました。1つは、パーソナルコンサルタントとして、最前線を走り続けてくれている渚が勤続20周年を迎えたことです。全社員が参加する会議で表彰をしました。

スクリーンショット (4)

先日も渚と2人で食事に行きましたが、私に聞いてくる内容が「どうしたらもっと成果がでるのか」「どうしたらもっと新人を育成できるのか」という成果を上げるための質問でした。これが20年間常に実績を出し続けられている理由です。働くことが生きがいになっている証です。彼女はチャレンジすることが趣味と言っているような鉄人ですが、現在もi-Standardという研修の講師にチャレンジしています。そういった社員がいてくれていることは、経営者として感謝しかありません。とても嬉しいことです。

そして2つ目は、「コロナの明日へ」を出版したワタミ株式会社 会長兼CEO渡邉美樹さんと弊社の会報誌クラブニュースでの対談企画をさせていただき、丁度、タイミングよく月刊誌 飲食店経営(10月15日発売)に掲載される記事の取材にもご一緒させていただきました。

スクリーンショット (3)

今までも感じていたことではありますが、やはり私と美樹さんはつくづく考え方が似ています。私も美樹さんも、目先の損得で意思決定をしているのではなく、社会が何を求めているのか、社会にとって何が良いのかを考え、目的を果たすために事業活動をしています。今回の対談の中では、美樹さんがコロナが流行し始めたかなり早い段階で、中国からの店舗の全面撤退を意思決定された背景にある考え方もメッセージしてもらいました。私もコロナのコが聞こえた時点で、銀行にすぐ連絡して、当座貸越の枠を倍にしてもらいました。そして公開講座を自粛する意思決定をし、自粛から2か月でオンラインセミナーの開催設備をすべて整え、リリースしました。あらゆる逆境には必ずそれと同等か、いやそれ以上の成功と幸福の種が隠されています。

ワタミにも三度の経営危機があったそうです。アチーブメント出版から出た新著「コロナの明日へ」の中では、危機を全て乗り越えてきた経営者として、コロナ禍の中どう経営の舵取りをするべきかをメッセージしてくれています。私の家内もお勧めする良書です。是非読んでみてください。

友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします
青木仁志 Profile
アチーブメント株式会社
代表取締役会長 兼 社長
アチーブメントグループ
最高経営責任者(CEO)
青木 仁志(あおき・さとし)
北海道函館市生まれ。1987年、選択理論心理学を基礎理論とした人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立、代表取締役社長に就任。 創業スタッフ5名でスタートした会社は、グループ子会社6社を含めて、従業員220名体制へ。
著書は59冊、42万名以上に研修を行ってきた人材教育のプロである。専門分野は人材開発、キャリア開発、組織開発、営業力強化、選択理論心理学など。その活動の幅を広げている。
友だち追加
LINE@にてブログの更新をお知らせします

お薦め書籍

「人を育てるプロ」が松下幸之助から学んだ、その教育の真髄
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方
松下幸之助に学んだ 「人が育つ会社」のつくり方別サイトへ
著者:青木仁志
過去約30年間に、35万人以上の人材育成に携わった 「人を育てるプロ」が、松下幸之助から学んだ、 その教育の真髄をお届けします。
世界的ベストセラーの完全翻訳版!
新・完訳 成功哲学
新・完訳 成功哲学別サイトへ
著者:ナポレオン・ヒル=著/ロス・コーンウェル=編/宮本喜一=訳/青木仁志=解題
1937年刊行の初版から削除された部分を復刻し、原著を忠実に再現!!
特別体験動画無料公開中 Twitter「経営・マネジメントのエッセンスをお届けします」 LINE@ 友達追加 Instagram「プライベートの素顔の青木を発信します」 「青木仁志」達成スタンプ第二弾!! 平川亮選手 応援団募集中

▲ PAGE TOP